歯はいつごろから出来てくる?

胎生7週から10週頃になると、口の表面の上皮細胞が数を増して内部に入り込み、乳歯の芽となる歯胚(しはい)が形成されます。また、胎生3か月半頃になると永久歯の歯胚の形成も始まります。

これらの歯胚は数年の期間をかけて骨の中で発育し、やがて歯として口の中に生えてきます。

 

乳歯はいつ頃から生えてきますか?

最初の乳歯は、生後6か月から8か月にかけて下の中央から生えてきます。この歯は乳中切歯と呼ばれ、少し遅れてその隣の乳側切歯や、相対する上の乳切歯が生えてきます。1歳半くらいになると1本離れたところに奥歯の第1乳臼歯が、また、2歳までには乳側切歯と第1乳臼歯の間に乳犬歯が生え、最後に一番後ろの乳歯である第2乳臼歯が2歳半から3歳頃にかけて生えてきます。

歯が生える時期には多少の個人差があり、上に示した目安から数か月遅れることもあります。

 

永久歯はいつ頃から生えてきますか?

6歳前後になると最初の永久歯が生えてきます。下の第2乳臼歯の後ろにある第1大臼歯または下の乳中切歯が永久歯に生え代わるほうが早い場合も多いようです。

永久中切歯が生えて6か月から1年くらい過ぎるとその横の側切歯や上の中切歯が生え代わり、さらに数か月遅れて上の側切歯が生え代わります。

9歳から12歳くらいにかけては、側方歯群と呼ばれる乳犬歯、第1乳臼歯、第2乳臼歯が順次生え代わり、さらに、これらの歯の一番後ろに第2大臼歯が生えて、永久歯の歯並びが完成します。順番や年齢には個人差があります。

あまり遅れが気になる場合はご相談下さい。

 

林歯科医院 歯科衛生士 中川かおり