「歯」という言葉がつく故事・ことわざ

 

今日は、「歯」という言葉がつく故事・ことわざ、もののたとえを調べてみました。意外沢山あり、一部紹介したいと思います。皆さんはいくつくらいご存じですか?たくさん並べてみると歯が私達の生活に強く結びついていることが分かります。

 

歯に衣(きぬ)を着せない (はにきぬをきせない)

・思っていることを遠慮しないではっきりということ。

奥歯に物が挟まったよう (きばにものがはさまったよう)

・思ったことを率直に言わず、何か隠しているようですっきりしないようす。

歯切れが悪い (はぎれがわるい)   

・言い方が明確でない。

櫛の歯を挽く(くしのはをひく)   

・櫛は、次々歯と歯の間を挽いて作ったことから、物事が絶え間なく続く様子。

 

歯が浮く (はがうく)

・相手の軽はずみな態度を見たり、軽薄な言葉を聞いたりし、不快になること。

 

唇滅びて歯寒し(くちびるほろびてはさむし)

・唇がなくなると歯が寒くなるという意から、互いに助け合う者同士の一方が滅びるともう一方も危うくなるというたとえ。

 

ごまめの歯ぎしり(ごまめのはぎしり)

・無力なごまめ(かたくちいわし)がくやしがって歯軋りをすることから、実力のない者がいたずらにくやしがったり、いきりたったりすることのたとえ。また、実力のない者が、いくら悔しがっても無駄というたとえ

 

目には目を歯に歯を(めにはめをはにははを)

・やられたのと同じ方法で、同じ量の報復をするたとえ。

 

歯がゆい(はがゆい)

・思いを叶えたいという強い気持ちに反し、思いが叶わないことに耐えられないさま。

 

切歯拒腕 (せっしやくわん) 

・歯を食いしばり、自分の腕を自分で強く握りしめることから、

非常にくやしがったり、怒ったりするようす。

尚歯(しょうし)

・老人を敬うこと。「尚」は尊ぶこと。「歯」は年齢の意

 

林歯科医院 歯科衛生士 矢島