歯に着く茶渋を予防する方法

 

お茶は普段皆さんよく飲まれる飲み物だと思います。

でもお茶を飲むと歯には茶渋がステインとして残ってしまいます。今回は歯に残ってしまった茶渋の取り方などをご紹介します。そして、お茶にも種類が沢山あります。緑茶、紅茶、ウーロン茶など…。その中でも着色のしやすいお茶もあるので紹介させて頂きます。

ではまず、茶渋とは一体なんなのでしょう?

茶渋は、お茶や紅茶の色素や渋みの元のカフェインやタンニンが、唾液の中の成分と結合し、紙面を覆う膜、ペリクル層に付着してしまったものです。

タンニンとは味で言えばお茶の渋みを司ります。

人間の健康に対する効果も高く、血圧降下や脂肪を分解したり、活性酸素の除去、悪玉コレステロールの低減作用など他にも様々な効果があります。

 

イメージ的には色の濃いコーヒーは色素が濃いので黄ばみやステインの原因となりそうですが、紅茶はタンニンが多く含まれているので紅茶の方がより着色しやすいです。そのため紅茶をよく飲む人、長い期間飲んでいる人ほど着色汚れが目立ちやすいのです。

それと、ペットボトルに入ったウーロン茶などよりも茶葉から淹れたお茶は色素が濃くなるため茶渋がつきやすいです。お茶の中でタンニンが少ないものは、ほうじ茶、麦茶、ソバ茶です。着色が気になる方はお茶の種類を変えてみるのも一つかもしれません。

人によって、着色しやすい人としにくい人がいます。しやすい人の原因の一つは、肉眼では確認する事は難しいですが、細かい傷が歯の表面にある可能性があります。凹んでいる部分に茶渋が入ってしまうと、歯ブラシの毛先よりも細い凹みの為に歯に残ってしまうのです。

お手軽に茶渋を予防する方法は飲んだ後はうがいをすることです。

 

自分では取れなくなってしまった茶渋は歯科衛生士によるPMTCで除去する事が出来ます。気になる方はスタッフにご相談ください。

林歯科医院 歯科衛生士 矢島