痛くない歯科治療

皆さん歯医者ってどんなイメージですか?歯医者って痛い治療をされるとかあのキーンという音を聞くとどうも苦手とかなんか暗いイメージがあるとか苦手とか行きたくないところという感想を持つ方も多いと思います。でもそれは一昔も二昔も前の話です。今の歯医者、歯科医院の治療はほとんど痛くありません。非常に明るい雰囲気ですし気楽に来て頂けるところになっています。
特に松阪市の林歯科医院は、痛くない治療、確かな技術の歯科治療で定評をいただいています。ご安心して治療をお受けください。
ではなぜ痛くないのでしょうか、まず第一に痛くない麻酔をします。麻酔は苦手という患者様も多いと思いますが、それは麻酔の針を刺すときの痛みや麻酔薬を入れている時の痛みなどです。林歯科医院の麻酔は針を刺すときも痛くありません。「もう麻酔をしたのですか?」「全然痛くなかった」などとよく言われます。まずは試してください。実感できると思います。それにはいろいろな工夫があります。針を刺す痛みをなくすために表面麻酔をする。世界最小径の細い麻酔針を用いている。麻酔の薬液をゆっくりと注入する。麻酔の薬液を人肌にあたためてある。麻酔する部位を痛くない部位に麻酔をする。針を刺すときに刺す部位の粘膜をぴんと張っている。麻酔針のカッティング面を粘膜方向に持ってきている。などなどただ単に麻酔をするという行為だけでも書ききれないほどの工夫がなされています。だから確かな技術に裏打ちされた痛くない麻酔が可能になります。
でも麻酔をすれば痛くないというものでもありません。麻酔が効いてくるには十分な時間が必要です。麻酔が効いてくる前に削りだしたりすると疼痛閾値がさがって後からの麻酔も効きにくくなってしまいます。ですから当院では麻酔が十分な時間をおいてから治療を始めます。
また麻酔なしで治療を始めて痛くなってから麻酔をされた経験をお持ちではないでしょうか?でもこれだと痛みはありますし、痛くなってからの麻酔はやはり疼痛閾値が下がってしまうので麻酔が効き難くなって痛い治療になってしまいます。当院では正確な診断のもと麻酔をしなければ痛みを伴うだろうという予測ができる治療にはあらかじめ痛くない麻酔を施して痛くない歯科治療を提供しています。
ではなぜ痛くなってから麻酔をするのでしょうか?これには保険診療のからくりがあります。多くの場合麻酔をしてもしなくても診療代は一緒なのです。麻酔の費用は処置に包括(含まれる)されていて麻酔の有無は関係ありません。だから多くの歯科医院では患者様に我慢をさせて麻酔をなるべく使わないようにします。その方が診療代が一緒で原材料費が少なくてすみます。まったく馬鹿げています。でもそれが制度なのでしょうがないのです。当院では採算を度外視して患者様に痛くない歯科治療を受けていただくために痛くない麻酔を行っています。
痛みの感じ方は人さまざまです。同じ人でも局所の状況によって麻酔が効き難い時や部位があります。また心理的な要因によっても麻酔が効き難くなったりします。不安があったりしたら麻酔も効き難くなり痛い治療になってしまいます。ですから当院では術前に十分なカウンセリングや検査、その検査結果の説明などを行い患者様との信頼関係を構築して治療をさせていただいています。ご安心ください。
あと痛くなってからの歯科治療は痛いことが多いです。でも歯医者何て痛くなってから行くものでしょ?と思ってませんか。違うんです多くの患者様は痛くなる前から定期的に歯科治療(メインテナンス・クリーニング)などに通っていただいています。そのことにより悪くなり始めなど軽度のうちに治療が出来たり、悪くならないようにいい状態が維持出来たりして治療もほとんど必要がなくなっていきます。つまり痛くない治療なのです。
実際その実績から毎月非常にたくさんの患者様が来院されています。そして定期検診の患者様もすごく沢山です。10年20年と通っていただいている患者様も沢山おられます。その信頼、実績が痛くない歯科治療の証明でもあります。痛くない歯科治療をお望みの方は是非当院にお越しください。