年齢別歯牙平均喪失数 

 みなさん何本歯がありますか?乳歯は20本、永久歯は親知らずを入れずに全部そろっていると28本ですが、そこから何本抜いたでしょうか?もちろん何よりも、1本でもなくさないようにすることが大切です。歯が1本なくなっても、その時はさほど不便は感じないかもしれませんが、かむ力は大幅に弱まります。また、抜けたままにしておくと、歯が動いて、かみ合わせが乱れ始めます。歯と歯の間にすき間ができるため、食べたものがはさまりやすくなり、そこからむし歯や歯周病が進行して、歯の喪失が加速度的に進んでしまいます。

最近のデータでは、40~44歳の歯の平均喪失数は2.7本。それが55~59歳ではぐっと跳ね上がり、平均7.7本にものぼります。たかが1本と思わずに、まずは最初の1本を失わないよう、毎食後のケアと定期的な歯科検診を心がけてください。また、歯を失うことがあったら、それ以上歯を抜くことが起こりにくいような周りの歯に負担を掛けない適切な歯治療を受け、どんどん歯を抜かなければならないような状況にならないようにしましょう。

厚生労働省と日本歯科医師会が推進している「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という「8020(ハチマルニイマル)運動」。「生涯、自分の歯で食べる楽しみを味わえるように」との願いを込めて行われている運動ですが、楽しく充実した食生活を送り続けるためには、妊産婦を含めて生まれてから亡くなるまでの全てのライフステージで健康な歯を保つことが大切です。ぜひ「8020」を目指してください。