妊娠中の患者様へ

妊娠中の患者さま、新しい命を授かり、自らの体内に宿す幸福を心からお祝いいたします。楽しみですね。

その反面、歯科治療については、胎児への影響をとても心配されることと思います。そんな不安や疑問を少しでも解消してもらえればと思い、胎児の発育段階による影響をご説明いたします。

妊娠初期(0週~15週)
つわりなどの症状がなければ治療・外科処置・麻酔は問題ありません
(局所麻酔薬は胎児に影響を与えることはまずないと考えられています)
投薬は歯科医院では基本的に行いません
レントゲン撮影は歯科領域は安全であるとされていますが、緊急でなければ行いません

妊娠中期(16週~27週)
妊娠中の最も安定している時期で治療・外科処置・麻酔は問題ありません
投薬は歯科医院では基本的に行いません
レントゲン撮影は歯科領域は安全であるとされていますが、緊急でなければ行いません

妊娠後期(28週~39週)
子宮が大きくなり、仰臥位を長くとることが難しくなります。長く仰臥位をとることで、妊婦に低血圧が起こったり、胎児への血流量の減少が起こるため注意が必要です。緊急処置が必要な場合以外は治療を行いません
当院では妊婦さんについて可能であれば出産予定日の2か月前までに治療を終了するように御予約をお取りします。

妊娠中の薬剤の投与時期が胎児に与える影響
4週までは流産
4週から15週は奇形
16週から分娩までは胎児に対する毒性

妊娠時の歯磨きは普段以上に丁寧に行ないましょう歯磨き
女性は、妊娠時と更年期にホルモンの量が変化します。この性ホルモンの分泌バランスが崩れると、歯ぐきの状態にも影響します。
特に、妊娠2ヵ月から8か月の間は歯ぐきの腫れがひどくなってきます(妊娠性歯肉炎)
 炎症が強くなるため歯ぐきがぶよぶよとふくらんで、指で触ったり歯ブラシの毛先があたったりすると、すぐに出血します。これは、歯周組織中に女性ホルモンのプロゲステロンやエストラジオールが増えると、歯周病菌の一種のプレボテラ・インターメディアが増え、歯ぐきの腫れがひどくなることから起こるのです。場合によっては歯がかくれるぐらい腫れが大きくなり・妊娠腫(妊娠性エプーリエス)という状態になります。こうなると、ほとんどの人は驚いて歯科医院の門をたたくようです。
 このような状態を招く背景には、もともと歯磨きを怠ったために生じた歯肉炎がありますから、治療法としては、まずその原因となったプラークや歯石を取り除けばいいわけです。子供が生まれてホルモンのバランスが元に戻ることにより、症状が和らぐ場合もありますが、安心しないで口の中の徹底的な清掃を続けることが必要です。もちろん、普段からかかりつけの歯科医院で定期検診を受けることも大切です

授乳中の患者様へ

歯科治療・外科処置・麻酔・レントゲン撮影は特に問題ありません授乳

内服した薬はほとんどが母乳中に移行しますが、非常に少量です。
当院では安全に使用できる薬を処方します
授乳の間隔により予約時間を調整するため、受診前に受付にご相談下さい。お子様には生後約6ヶ月から虫歯菌は感染すると言われています。特に生後19ケ月(1才7ケ月)から31ケ月(2才7ケ月)の間に集中的。主な感染経路は育児を担当する家族からが多いと考えられているため、家族の虫歯菌の量を減らしておくことが子供の虫歯予防に重要です。

ママのためのお薬情報 (外部サイト「国立成育医療研究センター」へ飛びます)

マイナス1才からの虫歯予防(プレママからの赤ちゃんの虫歯予防情報)

マイナス1才からの虫歯予防のページはこちら

生理中の患者様へ

歯科治療・外科処置・麻酔・投薬・レントゲン撮影は特に問題ありません