インプラントの歴史は古い

失った歯を人工の材料で補うことは、古くから行われてきました。

ヨーロッパでは、上のアゴに鉄製のインプラントが埋まっている、紀元前2世紀から紀元前3世紀の古代ローマ時代人骨が発見されています。
また、紀元前7世紀のマヤ文明の遺跡でも、下のアゴに貝で作られたインプラントが埋まっている人骨が発見されています。その後、金やエメラルド、サファイア、アルミニウムなど様々な素材のインプラント治療が行われました。しかし、どれも長期的にかめるものではありませんでした。このときすでにインプラント治療が行われていたのです。歴史は古いですが、確実なものになったのは、最近です。

1910年代に円筒型のインプラントが開発されました。1930年代にスクリュー型、1940年代にはらせん型のインプラントが考案されました。

そしてついに、現在のインプラント治療の礎が発見されたのです。
1952年にスウェーデンのペル・イングヴァール・ブローネマルク教授により、金属のチタンが骨と結合することが発見されました。そして、チタンがインプラントに応用され、しっかりと骨と結合するインプラント治療が可能になりました。
1965年チタン製のインプラントの臨床応用が開始されました。
1980年代になり、インプラントの臨床結果が優れていることが世界中に知られるようになりました。

材質もいろいろあったのですが、今ではほぼチタン製のインプラントに統一されていきました。

また形態も様々な形があったのですが、これもほとんどがスクリュータイプの歯根型インプラントに統一されていきました。

その後、表面性状や様々な改良が加えられ、臨床成績が向上しています。
現在、10年の生存率が90~95%、15年の生存率が90%ぐらいです。これは同じく歯が無くなった時の機能回復の方法であるブリッジや入れ歯に比べてかなり高く優秀な成績です。

歴史が古いインプラントですが、現在のインプラントは歯が無くなった時の機能回復の方法の第一選択といっても過言ではありません。

林歯科医院 歯科衛生士 伊藤友美