シーラントについて

今回は "シーラント”についてお話します。

まずシーラントをご存知でしょうか?
シーラントとは、生えてきた永久歯に奥歯の噛み合わせにある溝を歯を削らずにコーティングするものです。
6歳頃前後のお子様の保護者の方に知って頂きたい予防処置で、基本的に保険内で出来ます。

まだ生えたばかりの永久歯(特に6歳頃になると生えてくる前から6番目の歯です。6歳臼歯は重要です)はとても凸凹しています。深い溝にバイ菌が溜まりやすく、頑張って磨いても食べかすが残ったりします。しかも生えたばかりの大人の歯は柔らかくすぐにむし歯になってしまいます。

そこで、予防的にむし歯になる前にシーラント(フッ素配合)をオススメします!!

☆シーラントの方法☆

  1. ブラシが回転する機械、超音波などで表面の汚れをキレイにします。
  2. シーラントを塗る時にだ液や水分が入ってしまうと外れやすくなるので機械やワタなどで防湿します。
  3. シーラントが歯に付着しやすくなるようにお薬を塗り洗い流します。
  4. シーラント(フッ素配合)を溝に流し込みます。
  5. シーラントを光で固めます。
  6. シーラントがしっかり溝に入っているか確認して終了です。

最後に…

シーラントをすればむし歯にならないという訳ではありません。日頃の注意や歯磨き、定期検診は必要です。これから一生使う歯です。お子様の歯を一緒に守って行きましょう。

林歯科医院 歯科衛生士 荒井