赤ちゃんの虫歯菌の感染について

お子さんが『虫歯になりやすいか?』それとも『虫歯になりにくいか?』
それは、2歳半頃までに決まってしまうと言う事をご存じですか?

『虫歯体質はどの様に決まるのか?』『その予防法』についてお話します

虫歯の原因となる虫歯菌はいったいどこから来ると思いますか?
生まれたばかりの赤ちゃんに虫歯菌はいません
実は、生まれた後に虫歯の原因菌が人から人へ感染するのです。

虫歯菌の主な感染経路はお母さんとお父さんです。虫歯菌が感染しやすい時期は、生後1歳7ヶ月~2歳7ヶ月の間と言われています。
その間で虫歯菌がお子さんにうつる確率が高いのです。そして、そのうつる時期もとても大切だと言われています。
どういう事かと言うと、虫歯菌がうつるのが遅くなればなるほど虫歯になりにくいのです。

スウェーデン・イエテボリ大学(世界でもっとも有名な予防歯科大学の1つ)での研究では2歳までに虫歯菌の感染が無かった子供が4歳になった時の虫歯の本数がわずか0.3本でした。
一方で2歳までに虫歯菌の感染があった子供が4歳になったときは、虫歯の本数は、5本もありました。虫歯の本数になんと16倍の差ができたのです。と言うデーターも出ています。
出来れば虫歯菌が移らない事が一番良いですが、移るのを遅くすることもすごく重要ですね。


では、実際には何をすれば良いのでしょうか?
大きく分け感染予防の対策は4つあります。

★感染を遅らせるポイント①
・お母さんとお父さんが歯科医院で歯の虫歯治療とクリーニングをする。
少なくともお子さんが1歳になるまでにはご両親の虫歯治療を済ませるのと、その後定期的にクリーニングを受けお口の虫歯菌の量を減らす事が大切です。これはお子さんの為だけでなく、ご自身の歯の寿命をのばすためにも一番重要です。

★感染を遅らせるポイント②
お子さんと同じ箸やスプーンを共有しない、噛み与えをしない
感染ルートは、食べ物をあらかじめ噛んでから赤ちゃんに与えてしまう噛み与えや食事中のお箸やスプーンの共有、スキンシップです。唾液の感染を防ぐためです。

でも感染ルートをすべて遮断するのはかなり現実的には難しいですし、スキンシップなどはとても大切ですので、次の事を心がけてみて下さい。
① 噛み与えをしない。
② お子さんの口に入れる箸やスプーンは、お母さん・お父さんと別の物にする。
お母さんがかじった食べ物を、お母さんの使っている箸でお子さんの口に運ぶとその度に一緒に虫歯菌も運ばれてしまいます。
ぜひ、2歳半頃までは気をつけてみて下さい。

★感染を遅らせるポイント③
・砂糖が入った食べ物(おやつ)飲み物を控える
虫歯がお口の中に感染する時に、お砂糖がすでにあると虫歯がすみやすくなってしまいます。ですから、2歳半までの時期には、なるべく虫歯菌をすませないために、砂糖を極力控えてください。特にジュースやアメは砂糖の供給時間が長くなるので、決してあげない様に心がけて下さい。

★感染を遅らせるポイント④
・虫歯菌を減らす為のアプローチをする。

実際には、キシリトールを食べると言うことです。
お母さんのお口の中の虫歯菌が、キシリトールを食べる事によって減っていくと言われています。一生続く訳ではないのですが、食べている期間は虫歯菌を減らす事が出来ます。

お母さんのお口の中にいる虫歯菌を一時的でも減らす事が出来れば、お子さんに感染するリスクがとても下がります。
もちろん虫歯体質のお母さんお父さんであれば、継続的に食べる事でご自身の虫歯の発生も抑えられます。

 効果的なキシリトールの取り方
・50%以上含まれているものを選ぶ100%のものが最も効果的
・1日5~10g(歯科専用キシリトール100%ガムの場合4~8粒)を3回以上に分けて食べると効果的

以上の4つの事に気をつけて、お子さんに素敵な歯をプレゼントしましょう!!

林歯科医院 歯科衛生士 岩田