6歳臼歯は歯の王様

      

6歳臼歯(第一大臼歯)はお口の中で最も大切な歯といっても過言ではありません。この歯を子供の時に虫歯にしてしまうか、健康なままで大人になるかでお口の中の運命がかなり左右されてしまいます。

6歳臼歯はお口の中でもっとも大切な歯なのですが、もっとも虫歯になりやすい歯でもあります。

6歳臼歯(第一大臼歯)は、噛むという機能の上でもっとも大切な歯です。筋肉の走行から口を開け閉めする広筋という大きな筋肉が6歳臼歯の周りについているので、噛む力をもっとも発揮する歯です。また食いしばる上でももっとも重要な歯です。

でも6歳臼歯は一番虫歯になりやすい歯でもあります。実際に小学生の間に6歳臼歯をむし歯にしてしまうお子さんは80~90%ぐらいいます。この理由は、1.生えてくるのが6歳前後と小さい時でうまく歯ブラシが出来ないこと

2.歯の形が複雑で子供の歯より深い溝があって磨き難形態であること

3.歯がはえ始めてから完全に生えるまで時間がかかること(上の歯で1年近く、下の歯で1年半近くかかることもあります)

生えかけの歯は幼若永久歯といってまだやわらかくて虫歯になりやすいです。それがお口の中の唾液に含まれるミネラル分などを吸収してだんだん固くなっていきます。でも6歳臼歯は子供の歯のさらに奥から生えるので、生え始めても気づかないとか、磨きにくいとか、溝が深くて汚れがたまりやすいとかそんな理由でしっかりと固くなる前に虫歯にしてしまうことが多いんです。しかもまだやわらかい状態なので虫歯も早く大きくなってしまいます。悪いことに溝が深くてその深い溝の奥から歯の中に虫歯になっていくので見た目には一見きれいで虫歯のように見えないこともよくあります。

このようにして虫歯になってしまって、何度か虫歯になって最終的に抜歯になってしまうこともあります。実際に、最初に抜くことになってしまうのも統計上では6歳臼歯なのです。そして6歳臼歯を抜いてしまうと昔なら前後の歯を削ってブリッジを入れる。ブリッジは磨きにくいし虫歯にもなりやすいのでまた10年ぐらいすると半数ぐらいの人がブリッジがダメになって抜く歯が増えてしまって今度は入れ歯を入れる・・・・

こういう風な流れでだんだん歯がなくなって入れ歯が大きくなっていくというのが従来の流れでした。最近では最初の歯がなくなった後にブリッジではなくインプラントという人工の歯で治して歯がなくなるのをくいとめることも多いので少し様相が変わってきました。

でも本当に大切なのは、6歳臼歯をむし歯にせずに大人になることです。

そのために大切なこと

1.生えてくる前から定期検診などでお口の虫歯菌を減らしておくこと

2.フッ素塗布などで歯の質を強くしておくこと

3.お菓子やジュースなどを控えること

4.生えてきたらシーラント(予防填塞)で深い溝を埋める

などです。

歯科医院で定期的に管理(歯科衛生士による清掃、フッ素塗布、飲食習慣の指導など)をしていればかなりの割合で虫歯にならずに済ますことができます。

6歳臼歯は、噛み合わせの中心になる大切な歯なのでこの歯をむし歯にならないようにすることはお子さんの将来にとってかけがえのないプレゼントになります。私たちは全力で6歳臼歯の虫歯ひいては虫歯のない永久歯列の完成を目標に日夜努力をしています。