歯磨き習慣の始まり

 

毎日の大切な生活習慣として、歯磨きは欠かせません。

でも考えてみればこの歯磨きという習慣は、いつ頃から始まったのでしょうか?

NHKの朝の連続ドラマ「とと姉ちゃん」で、歯磨き粉を作るエピソードがありましたが、それを見ていると比較的新しい風習なのかなと思うのですが。

日本歯科医師会によると、男性より女性の方が自分の口臭に敏感という調査結果があります。

しかし、なんと、江戸時代は逆だったそうです。

日本人の歯磨き習慣はいつ始まり、口臭エチケットはどう変わってきたのでしょうか?

 

原始時代の人々は、硬くて繊維の多いものを食べていたので、虫歯は比較的少なかったと思われています。

だから、歯の隙間に挟まった食べかすを取り除くために、草や小枝を使って取り除いていたそうです。

そして、今のような歯磨きの起源は、紀元前5世紀ごろのインドにまで遡ります。

嘘か誠か、釈迦が口臭のひどい弟子たちのために、読経の前に小枝で歯磨きをすることを戒律に定めたのだとか。

仏教経典に楊枝による浄歯が、一儀式として書かれているそうです。

それが仏教伝来とともに日本に伝わり、公家や僧侶、武家に身を清める作法として広まっていったそうです。

特に僧は仏前に礼拝する前に、身を清めるために歯を磨きました。

木の枝を使う方法は、未開の地の少数民族の間で行われていたことをテレビなどで見たことがありますが、それを見るとかなり昔は世界的に木の枝が使われてたのではないかと思いました。

では、昔は木の枝でどうやって歯を磨いたのでしょうか?

横浜には「歯の博物館」に歯磨き用の「高野山金剛峯寺の歯木(しぼく)」という木があり、形は割り箸を割った感じです。

 

幕末に開港した横浜に近代西洋歯科医学が入ってきて以降は、現在のような形の歯ブラシが登場します。

1872年発売の洋風第1号の「鯨楊枝」は、クジラのひげに馬の毛を植えたものだった。

それでも明治中期まで房楊枝が使われていたそうです。

1880年ごろに登場した竹の柄と豚毛の「竹楊枝」は、徐々に広まり、その後「歯ブラシ」を初めてうたったのはライオン(当時・小林商店)の「萬歳歯刷子」です。

 

 

とのことです。

歯科に携わって学生時代を含めると6年目になりますが、考えたこともなかったので、とても興味深い記事だと思い、新たな発見ができました!

歯磨き1つにしても、歴史はこんなに深いんですね!

 

参考文献:和じかん.com

http://wajikan.com/note/hamigaki/

 

江戸ガイド

http://edo-g.com/blog/2016/01/tooth.html

にも写真付きで記載あり、

 

(検索日:2017.03.30 )

歯科衛生士 常保