8020運動

 

みなさんは【8020運動】という言葉をご存知ですか、、、?

 

8020運動とは......

「80歳になっても20本以上の歯を保とう」という運動です。

健康で豊かな生涯を送るには、自分の歯でよく噛んで食べることが大切です。20本以上の歯があれば、ほぼ満足できる食生活が送れます。

生涯、自分の歯で食べる楽しみが味わえるように。との願いを込めてこの運動が始まりました。妊産婦を含めて生まれてから亡くなるまでの全てのライフステージで健康な歯を保つことが大切です。

 

今日は歯とお口の健康づくりのポイントを紹介したいと思います。

 

☆☆お口の中を清潔に保ちましょう☆☆

 

プラーク(歯垢)とは食べかすではなく、細菌の塊てます。プラーク1mgの中の細菌数は約10億といわれています。この中に虫歯や歯周病の原因となる細菌が潜んでいます。

なので、歯を磨く際はただ磨くのではなくプラークを除去するという目的を忘れずに、丁寧に磨きましょう!

 

☆☆病気の予防に努めましょう☆☆

 

日頃からセルフチェックを行い、虫歯や歯肉炎・歯周病などの病気を見逃さないようにしましょう!歯磨きの際の出血などお口の中からのサインを見逃さないようにしましょう!

 

☆☆定期的に歯科検診を受けるようにしましょう☆☆

 

お口の中の状態は人によりさまざまです。自分に合った清掃用具の選択や歯の磨き方を教えてもらいましょう。また、病気の予防、早期発見、早期治療にも繋がります。

 

☆☆規則正しい生活習慣を身につけましょう☆☆

 

歯とお口の健康は全身の健康にも通じています。いつまでも元気に活動できるように、体調管理に努めましょう!

 

11月は8020推進月間です。ぜひこの機会にご家族で『歯とお口の健康』を見直してみてはいかがでしょうか?

歯科衛生士 大野