インプラントって?

インプラントの構造歯が無くなった顎の骨に、人工の歯根(インプラント材)のボルトを埋め込んで、新しい土台を作り、その上に人工の歯をつけるという、新しい歯科治療方法です。インプラント材には、骨との親和性の良いチタン合金などが使われています。

インプラントはかむ力や耐久性が天然の歯に近く、日々の歯磨きを通常よりていねいにするだけで、自然の歯と同じように使え、 ”第二の永久歯” といわれています

・ 何かのアクシデントで、歯を無くされた方
・ 入歯に抵抗感のある方
・ ブリッジで健康な歯を削るのはと思われる方
インプラントという新しい治療法があることを、治療のメニューに追加してみてください。

インプラント無料相談はこちらから

インプラントで自分の歯のように‥

失った歯を補う治療法として、これまでブリッジや入れ歯などが利用されてきました。しかし、これらの方法は、残っている歯を削らなければならなかったり、入れ歯が安定せず心理的ストレスを招くなどの欠点があります。これに対し、インプラントは人工の根をあごの歯に埋め込み、天然の歯と同様に歯を再建するという治療法です。このため、残っている歯を削ることなく、ガタつきや違和感を感じない自然な噛み心地が取り戻せるのです。

インプラント治療の一般的な進み方をご紹介します

1. 治療開始インプラントの構造
インプラント治療にご関心のある方、必要のある方へ治療相談を行っています。
症状や悩みなどをお聞かせ頂き、当院で行っているインプラント治療について説明を行います。

2. 検査診断
検査・診断を行い、治療計画を作成します。

精密検査
全身の健康状態と顎の状態を詳しく把握するために行います。
(問診・レントゲン・CT撮影・口腔内検査・口腔内写真撮影・検査用の模型を作るために歯の型取り)

適性診断
検査結果をもとに診断を行い、治療方法や治療期間などを決定します

同意して頂いた上で治療を開始します

3. 治療開始の準備
事前処置
虫歯や歯周病などがある場合は、治療を済ませておきます。

清掃・セルフケア指導
歯のクリーニングやブラッシングの指導を受け、治療に備えます。

4. 手術
1次手術
骨に人工歯根(インプラント)を埋め込む手術を行います。

インプラントを埋め込む為に穴をあけます インプラントを埋め込みました 

手術翌日に消毒を行い、1週間後に抜糸を行います。
インプラントと骨が結合するのを待ちます。通常3ヶ月~6ヶ月ほど。

2次手術
土台を取り付ける手術を行います。

土台を取り付ける 土台が取り付けられました

手術後、土台に仮の歯を装着します。
2週間ほど様子をみます。

5. かぶせ物作成・装着
型取りを行い、かぶせ物を製作します。
かぶせものを装着したら、一旦治療は終了です。

かぶせ物を装着します かぶせ物が装着されました

6. メインテナンス
お手入れを怠ると歯周病のような炎症が発生することがあります。
治療後は、歯科医院での定期的なメインテナンスが必要です。

インプラントの術前と術後

インプラント手術後は、自分の歯と違和感が全くありません。

インプラント画像

正確な診断・安全安心のインプラント治療

当院では、安全安心なインプラント治療を行うために最新のCT装置や手術室を準備して治療にあたっています。ご安心ください。

最新の歯科用CTについてはこちらから

インプラント症例集

林歯科医院 症例集~インプラント編~

実際の治療の様子をご紹介します。
インプラント治療をお考えの皆様に参考になると思いますので、ぜひご覧下さい。

治療後のアンケート(患者様の喜びの声)

林歯科医院 治療後のアンケート~インプラント編~

治療後に患者様に書いて頂いたアンケートをご紹介します。
インプラント治療をお考えの皆様に参考になると思いますので、ぜひご覧下さい。

インプラント治療の術前術後の注意

詳しくはこちらをご覧ください

インプラント装着後のメインテナンス

インプラントは、入れ歯やブリッジよりも長年に渡って使い続けることができますが、歯や骨の状態、かみ合わせや全身の健康状態などのバランスが崩れてしまうと、長持ちさせることはできません、インプラントを口の中で良好な状態に保つためには、治療後のメインテナンスが大切です

詳しくはこちらをご覧ください