痛くない麻酔

痛くない麻酔画像

「歯医者さんは痛い!怖い!…」多くの方がほとんどの歯科医院に対してこのようなイメージを抱いていることでしょう。
そういった従来のイメージを極力失くし、患者様に安心して通院していただくために最先端の医療機器と技術、そして患者様一人ひとりへの思いやりを持って痛くない治療・痛くない麻酔を実現させています。

林歯科の麻酔の特徴1 表面麻酔

表面麻酔薬をまず麻酔を打つ部分に塗ってから麻酔の針を挿入します。麻酔薬注射の前に患部の歯茎の表面を麻痺させるために塗る局所表面麻酔剤です。
アミノ安息香酸エチルを20%含んでおり、口腔内の粘膜の末梢知覚神経を麻痺させ、痛みを緩和します。
表面麻酔の効果により針を刺す際のチクッという痛みを防ぐことができます。

表面麻酔

特徴2 麻酔薬を適温に温める

麻酔液が冷たいと痛みを感じやすいため、必ず人肌に温めてから麻酔注射を行います。この一手間が痛くない治療につながります。

薬液温め

特徴3 細い針を使用する

当院では無痛治療を行うために33G(ゲージ)という世界で最も細い針を使用しています。ほとんどの患者様が、「麻酔を打ったことに全く気が付かなかった!」と驚かれます。

世界一細い針

特徴4 痛くないエリアを選んで打つ

麻酔の必要な個所が麻酔の痛いエリアの場合、先ずは痛みの出にくいエリアに麻酔をし、効かせてから必要な場所に追加 をする場合もあります。

特徴5 粘膜をピンと張った状態で麻酔をする

粘膜をピンと張った状態で麻酔をすることで針を入れる時の痛みを最小限に抑えます。
このように注意して麻酔をして行きますが、充分な量の麻酔をしても麻酔が効きにくい場合がございます。
歯茎、あごの骨、歯の神経の炎症が強いときです。麻酔の薬は炎症が強く酸性に傾いた組織には効きにくい特徴があります。
そのような場合には薬を用いて痛みと炎症を抑えてから続きの治療を行う場合と、症状が強く緊急性がありどうしてもその日のうちに治療をおこわなければならないため、麻酔の量をさらに増やし時間を待って治療を継続する場合があります。