中日新聞(2015年9月29日)

中日新聞の「教えてドクターQ&Aのコーナー」でみなさまの悩みや疑問にお答えしました。

中 日 新 聞    2015年(平成27年)9月29日(火曜日)

Q 子供の乳歯が抜ける前に、永久歯が生えてきました。様子をみていますが、歯科受診をした方がいいのでしょうか。

A 結論から言うと、早めに歯科を受診して乳歯を抜歯したほうが良いです。抜歯というと怖い様に感じるかもしれませんが、その時期の乳歯はもう根も短くなっており、麻酔はしますが簡単に抜くことができます。小さいお子さんでも十分耐えうる治療になります。もちろん乳歯が先に抜けてから永久歯が生えるというのが理想ですが、最近顎が小さく永久歯のスペースが不足しているために乳歯が抜ける前に永久歯が生えるお子さんが増えてきています。乳歯が残っていると、まず生えてくる永久歯の位置がずれて生えてきます。また重なっていたりして、磨きにくく永久歯が虫歯になりやすくなったりと良いことが全然なく、悪影響ばかりです。もちろん残っている乳歯の根の長さや、永久歯の生えるスペースの有り無しなど総合的に判断してからの抜歯となりますが、悪い位置に永久歯が固定化されてしまう前に歯科を受診して抜歯の判断をしてもらうことが重要です。

院長 林 尚史


林歯科医院院長 林 尚史

林 尚史(医療法人尚志会 林歯科医院 院長)
1988年福岡県立九州歯科大学卒業
1992年医療法人尚志会林歯科医院開設、理事長。
「自分自身が受けたい治療、自分の親や子供に受けさせたい治療を患者様に」を合言葉に最新の設備で最善の治療を提供。
日本歯周病学会専門医、代議員。愛知学院大学歯学部非常勤助教。