中日新聞(2017年9月20日)

中日新聞の「教えてドクターQ&Aのコーナー」でみなさまの悩みや疑問にお答えしました。

2 0 1 7 年 9 月 2 0 日 ( 水 曜 日 )中 日 新 聞

Q 親知らずは抜かないといけないのですか?

A 親知らずを抜いた方がいいか、抜かなくていいかはその生え方、隣の歯やかみ合わせ、歯並びへの影響などを考慮して決めます。ただ一般的には抜いた方がいい親知らずが多いです。では抜かなくていい親知らずとはどんな親知らずでしょうか?それは上下ともまっすぐ生えていて、上下がちゃんとかみ合っていて機能している親知らずです。あとそれ以外に全く生えていなくて(歯茎の中にあって)しかも痛んだり腫れたりせず、手前の歯に悪影響を与えていない、全く無害の親知らずです。それ以外の場合は手前の歯や、かみ合わせや歯並びに悪影響を与えるので、抜いたほうがいい親知らずの場合が多いです。特に悪いのが中途半端に生えていて、しかも手前の歯に向かって斜めに生えている親知らずです。この場合は必ず手前の歯に大きなダメージを与えてしまうので早期に抜くことをお勧めします。またお口の中に親知らずよりもっと状態が悪くて抜かないといけない歯がある場合は、親知らずをその悪い歯の代わりに移植することもありますので、お口の中を総合的に判断して抜いた方がいいか、置いておいた方がいいか決めます。

院長 林 尚史


林歯科医院院長 林 尚史

林 尚史(医療法人尚志会 林歯科医院 院長)
1988年福岡県立九州歯科大学卒業
1992年医療法人尚志会林歯科医院開設、理事長。
「自分自身が受けたい治療、自分の親や子供に受けさせたい治療を患者様に」を合言葉に最新の設備で最善の治療を提供。
日本歯周病学会専門医、代議員。愛知学院大学歯学部非常勤助教。