小児矯正

林歯科_矯正治療

≪2歳からの定期健診≫

2歳頃からの定期健診時に、虫歯のチェック・歯磨き指導・歯のクリーニング・フッ素による虫歯予防などと一緒にかみ合わせのチェック・不正咬合(歯並び・かみあわせの不正)をひき起こす不良習癖のチェックなども行い、最適な治療時期を逃さぬようにしています。

≪小児矯正=第一期治療≫

矯正治療に限らず当院のモットーとして、「自らが受けたい治療、自分の子供や親に受けさせたい治療」を心がけていますが、母親目線で「自分の子供だったら」と考えると矯正治療でなるべく苦労をさせないよう不正咬合がひどくなる前になるべく予防的に治療を行いたいですね。矯正は年齢によってできることが違い、低年齢であれば上あごと下あごの位置関係のずれや、あごのスペースを広げることなど骨格自体を簡単な装置で改善できます。また、永久歯が生えそろった後の矯正を行う場合でも子供時代の矯正で後の治療が簡単になったり、永久歯の抜歯を避けることができる場合があります。

矯正治療の開始時期の違いによるメリット・デメリットを保護者の方に十分説明し、その患者さん毎に一番適した方法を選択していただくようにしています。

虫歯予防のため定期的に来院してくださる患者さんが多く、また保護者の方にも診療室に入ってきていただくので、矯正の治療時期になる前から、継続的に、お子さんの治療に対する希望や、その方のライフスタイルなどを伺う事が出来るので、矯正治療のプランを立てる上で大変参考になります。

≪歯磨き指導・クリーニング・フッ素塗布≫

子供さんが矯正を開始されるときに保護者の方が「矯正をして虫歯になり易くなりませんか?」という質問をされることがあります。小児矯正では取り外せる装置や固定式でもシンプルな矯正器具を用いることが多いため虫歯のリスクは高くありません。また矯正治療期間中でも歯磨き指導・クリーニング・フッ素塗布を行い虫歯予防に注意を払っています。また一般的には「矯正治療中は虫歯治療ができないので、もし虫歯ができてしまっても矯正治療が終了するまで虫歯は放置する。」と言われますが、当院は小児歯科も行っておりますので早めに対応することができます。

≪外科との連携≫

また、外科の得意な院長との連携で、埋伏歯(顎骨に埋まって生えてこない永久歯)の手術と矯正など、外科治療を併用した矯正が一軒の歯科医院の中で可能です。

≪患者さんとのコミュニケーションをとるために心がけていること≫

診療台にパソコンのモニターが設置してあり、治療の成果を治療中であっても画像で確認していただく事ができます。また治療中やちょっとした待ち時間にアニメのDVDを見てくつろいでいただいています。

(医)尚志会 林歯科医院 矯正治療の特徴

  1. 小児矯正
  2. 中高生の矯正
  3. 成人矯正