(医)尚志会 林歯科医院 小児歯科検診の特徴

林歯科医院では現在多くの小児の患者様に4か月ごとの定期健診予防プログラムにご参加いただいております。当院の小児歯科検診の特徴は

①2歳頃からの定期健診時に

・虫歯のチェック

・歯磨き指導

・歯のクリーニング

・フッ素による虫歯予防 などと一緒に

・かみ合わせのチェック

・不正咬合を引き起こす不良習癖

のチェックなども行い、矯正の最適な治療時期を逃さぬようにしています。虫歯と同じように不正咬合も予防的に扱いたいと心がけています。つまり虫歯予防の検診プログラムに歯並びや習癖の管理も含まれているため、一軒の歯科医院で一度に保険内で小児の患者様に必要なお口の検診が全てでき、長期にフォローして行くことができます。歯医者に通っていたのに最適な矯正の時期を逃してしまうなどという心配がありません。

②林歯科医院は母子分離をいたしません

小児の検診・治療を全て患者様の保護者の方に直接ご覧いただいています。いまだに多くの歯科医院では、「母子分離」と言ってお子さまの保護者の方を診察室に入れないのが慣習になっていますが、それでは保護者の方は正確にお子さんの口腔内の状況を知ることができません。まして歯科治療であれば「歯を削る、歯を抜く」と言った一度やってしまうと元に戻せない=「不可逆的な治療」を十分な説明を受けずにされてしまう事になります。

林歯科では開業当初から「自分の家族や自分自身が受けたい治療」を基準にしていますが、その一環として保護者の方に直接ご覧いただきながら、お口の状態、治療内容やご家庭でのお手入れの仕方を説明します。また、お子様のすぐ横で治療の内容全てを見ていただいていますので、知らない間に銀歯になってしまった」「神経を取るなんて聞いてなかった。」なんて事はあり得ません。

お子様の大切な歯を保護者の方と林歯科医院のスタッフが一緒になって守って行きたいと強く願っておりますので、今後ともご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。