マウスピース矯正って?

マウスピース矯正という治療についてお聞きになったことがありますか?

マウスピース矯正は、透明なマウスピース型の矯正装置を歯に装着して歯並びを矯正する矯正方法の一種です。歯型を取り一人ひとりの歯に合わせて作製される矯正装置を作成し、歯の移動に合わせて新しい装置に交換しながら徐々に歯を動かし、歯並びを矯正します。

 

マウスピース矯正の利点

透明に近いマウスピース型の矯正装置は従来のワイヤー矯正と比較して非常に目立ちにくい装置です。「目立つ装置は無理〜!」といった要望に答える最新の矯正方法といえます。

またワイヤー矯正では一度器具を装着すると治療が終わるまで器具を外すことができませんでした。マウスピース矯正は食事のときなど場合に応じて自分で着脱をすることが可能です。邪魔な装置がない状態で歯磨きができますので、虫歯のリスクは従来のワイヤー矯正と比べ格段に下げる事が出来ます。

 

では、マウスピース矯正は万能なのかと言うとそうではありません。マウスピース矯正では出来ない、もしくは難しいケースというのも沢山あります。代表的なものが「抜歯をしなければならない症例」です。マウスピース矯正では顎が極端に小さく、乱杭歯を直すために歯を何本も抜いてスペースを確保する必要があるような場合、歯の移動距離が長くマウスピース矯正では歯が傾いてしまってまっすぐにおこす事が難しいため基本的には適応外です。そのような場合には、ワイヤー矯正をおススメする場合もありますし、ワイヤーを使用する期間を短くするために、治療期間の一部にマウスピースを用いる場合、矯正用のミニインプラントや見えない奥歯にワイヤーを用いる場合もあります。

逆にマウスピース矯正の得意な症例は、「すきっ歯」や「歯のデコボコが軽度で歯のスライスで充分なスペースが得られるもの」、「歯列の拡大ができ、歯を抜かなくて良いケース」などが挙げられます。経験の豊富な歯科医師にしっかり相談してご自分の歯並びがマウスピース矯正に、適しているのか確認する必要があります。

そしてワイヤー矯正と違いご自身で装置を装着するので、サボってしまうと綺麗にならないので最後までしっかり装置を使い続ける覚悟も大切です。

当院もそうですが、最近は「無料矯正相談」を行なっている歯医者さんもありますので一度詳しく相談してみてはいかがでしょうか。マウスピース矯正にぴったりのケースの場合は見た目や虫歯のリスクを気にせず綺麗な歯並びになれるとても優れた方法です。

   副院長  林 玲子