口腔内の怖い病気

 

こんにちは、林歯科医院歯科医師の鈴木です。今回は数ある病気の中でも、数は少ないながらも存在する、口腔内の怖い病気に関してお話したいと思います。

皆様は口腔ガンという病気をご存知でしょうか?口腔ガンとは、その名の通り、口腔内(お口の中)にできるガンのことです。ガンといえば、胃ガンや肺ガン、大腸ガンなど体の様々な場所に発症するガンを皆様も聞いたことはあるかとは思います。ガンというものは、正常な細胞が何らかの原因によりガン細胞化し、増殖することで腫瘍が形成されるものです。ですので、部位、人によりなりやすさは異なりますが、誰にでもどこにでも起こりえる病気です。

口腔ガンは全体のガン発生数の内、約3%を占めると言われており、年齢分布では60、70歳代が最も多いですが20代の患者様もみえます。口腔ガンの中で最も多いのは舌癌(ベロのガン)で、口腔ガンの4割ほどを占めます。他にも歯肉ガン(歯茎のガン)、頬粘膜ガンなどお口のあらゆるところに発症する可能性があるのが口腔ガンです。症状としては、該当する部位の痛み、大きな腫れや出血、口内炎のようなものが1ヶ月以上ずっと治らないなどがシグナルですが、これは歯周病や通常の歯科治療で治る根尖病巣(歯の根っこの病気)などでも起こる症状ですので、患者様ご自身での判断はなかなか難しいものです。おかしいな?と思ったら、あれこれ調べたり心配する前に、歯科医院への受診をお勧めいたします。

口腔ガンも他のガンと同様に誰にでも起こりえるものなので、なかなか予防は難しいのが現状ですが、他の部位に比べて特にタバコの影響を顕著に受けやすいことが特徴として挙げられます。喫煙をする際にタバコの煙が直接触れるのが口ですので、喫煙をされる方は口腔ガンになりやすいと確かなデータでわかっているため注意が必要です。さて、実際に口腔ガンと診断されてしまった場合の治療ですが、現在は医療の進歩により様々な選択肢があります。

まず一つ目は切除両方で、悪いところを全て切り取る治療法です。切り取ることで確かな治療効果を得られる場合も多いですが、その反面切除することでなくなった部位により、発音、食事などに影響がでる場合もあります。他の治療法としては化学療法(抗がん剤治療)、放射線治療などがあり、これらを併用することも多く行われます。その治療の中でも薬物の種類、投与方法、放射線の種類、照射方法などにより、様々な方法があり、その患者様ごと、病変ごとに一番適切なものを治療として行っていきます。

これら治療は外科治療を行わないことが多いですが(外科もこれら治療も全て併用する場合もあります)、抗がん剤、放射線の様々な副作用とも戦う必要があります。口腔ガンの治療自体は、総合病院や大学病院などの専門の医療機関にて行いますが、そのファーストタッチは我々一般開業医院の歯科医師がすることも多いです。定期健診などで当院のお越しの患者さまにも、我々歯科医師は目を光らせていますが、もし心配なことがあれば、遠慮なくおっしゃってください。今回怖いことを色々とお話しさせていただきましたが、ほとんどの患者様では前述したような普通の歯科疾患であることが多いです。あまり心配しすぎに、心配になったらお気軽にご連絡くださいね。