だ液について

 

普段何気なく出てくる唾液ですが、唾液の成り立ち・唾液の働きなどについてご存知ですか?

私たちが日常生活を送るためには唾液(つば)は必要不可欠なものです。今日は唾液の成り立ちや働きについて紹介したいと思います。

 

唾液の働きについて

①自浄作用

歯の表面や歯と歯の間についた汚れ(食べかす)を洗い流してくれます

 

②消化作用

食べ物の消化を助けてくれます。しっかり噛んでから飲み込むことで胃への負担を少なくする役割も持ちます

 

③抗菌作用

口に入ってきた細菌の発育を抑制し、身体を守る役割を持っています

 

④ph緩衝作用

通常、口の中は中性に保たれていますが食事をすることで口の中のphは酸性に傾きます。食事により酸性に傾いた状態から中性へと中和する働きをしてくれています。

 

⑤味覚がよくわかるようになる

食べものを分解し、味覚の感受性を高めます。甘味、酸味、塩味、苦味、旨味、といった5つの味を感じとります。

 

 

まだまだたくさんの働きを持つ唾液ですが、そもそも唾液はどこから出ているのか?

どのくらいの量でるものなのか?

唾液が出てくるところは大きく3つに分かれています。

耳下腺・顎下腺・舌下腺から唾液は分泌されています。

そして、普段何気なく飲み込んでいる唾液ですが、

唾液は3つの場所から分泌されると前の方へと流れ出ます。

下の写真でいうと、

白くなぞられているところが唾液の流れる(流れやすい)ところ

オレンジでなぞられているところが唾液の流れにくいところです。

そのためオレンジでなぞられているところは白くなぞられているところに比べ、歯の表面や歯と歯の間についた汚れ(食べかす)が唾液とともに流れにくいところになります。

 

 

唾液って1日にどのくらい出るの?

1日の唾液分泌量は1000mlから1500ml

安静時には毎分約0.4ml

刺激時には毎分1.0から1.7ml

 

 

唾液をたくさん分泌するための方法として

簡単に出来るものとしてよく挙げられるものが

①唾液腺マッサージ

唾液腺マッサージについての記事もありますので合わせてご覧いただくと唾液腺マッサージの方法やポイントが分かりやすく説明されています!

 

②ガムをよく噛む。

ガムを噛むことで唾液腺が刺激され唾液が分泌されます。キシリトール入りのものであればなお◎

 

また、自分の唾液の量はどのくらいなのか、唾液の力(歯を守る力)はどのくらいあるのか、気になった方は当医院でも唾液の質・量についての検査を行っておりますので興味があれば是非チャレンジしてみてください。

唾液検査の詳しい方法についても記事をご用意させていただいていますのでよろしければそちらを参考にしてみてくださいね!

ガムを噛むだけのとっても簡単な検査になります!

歯科助手  辻 彩花