酸蝕症について


こんにちは(✿✪‿✪。)ノコンチャ♡

歯科衛生士の伊藤小百合です。

「酸蝕症」ってご存知ですか?

あまり知られてはいないかもしれないですが、国内の調査では、4人に1人が酸蝕症になっている方がいるという結果がでているんです。酸蝕症とは、歯に胃酸や酸性の飲食物が繰り返し触れると発症してくる病気です。虫歯や歯周病ほどは多くはありませんが、それらに次ぐ歯科の病気です。

 

では、酸性の食べ物や飲み物はどのようなものがあるでしょうか?様々ありますが、代表的な酸性度の高いものとしては、柑橘類やお酢もの、ビタミン飲料などです。特に健康意識の高い方は、これらを多く摂取される傾向があります。例えば、黒酢や酢の原液などを飲まれている方。または運動をした後にビタミン飲料を飲む方。このような方は、ゆっくりチビチビと飲む飲み方が多いのではないでしょうか?

または、レモンや梅などをチビチビかじったり、時間をかけてなめたり。こうすると、歯が酸によって溶かされていきます。

 

しかし、食べるな飲むなということではありません。誰しもが食事の中でそのような食べ物や飲み物など摂取されていると思います。みんなが摂取しているのに酸蝕症になっていない方もいるのは、口の中の反応として、酸性度の高いものを摂取したあと、唾液が酸を洗い流して中和してくれているのです。

本来は、それで歯が守られています。しかし、唾液の力より強い酸のものが繰り返し入ってくると、唾液の力が負けてしまい、歯が溶かさせてしまうのです。ですが、もちろん、それらの飲食物も摂取の仕方の問題だけで、体にはいいものですから、やめなくても大丈夫です。

 

あとは、飲食物だけではなく、逆流性食道炎に罹患している方は、口の中に胃酸が逆流してくることもあります。胃酸は強酸性なので、酸蝕症の大きな原因となってしまいます。予防するためには、胃酸の逆流を誘発してしまう炭酸飲料や酸っぱい飲食物の摂取を控えることもいいかもしれません。

 

現代病を言われる酸蝕症ですが、その原因には、現代の食生活が大きく関係しているので、それらを見直してみましょう。そうすると新しい気付きがあるかもしれません。

また、酸性度の高い飲食物を摂取したあとの歯磨きの仕方も大きく関係してきます。それは、摂取したあとに、すぐ磨いてしまうと、酸で溶かされた歯を歯ブラシによってより削ってしまうことになってしまいます。出来れば、唾液によって歯の硬度が戻ってきた30分後くらいに歯を磨くといいと言われています。硬めの歯ブラシも控えたほうがいいです。

大切な歯ですので、食事の仕方や摂取の仕方について考えて守ってみてくださいね(^^


歯科衛生士  伊藤小 百合


酸蝕症について