歯周病

歯周病とは、バイオフィルム感染症のひとつで、細菌の感染によって、歯周組織に炎症が起きる 病気です。
歯と歯茎の境目の歯周ポケットと呼ばれる箇所の掃除が行き届かないでいると、そこにたくさんの細菌がとどまり、歯茎に炎症がおき、赤くなったり腫れたり血が出たりしますが、痛みは殆どありません。
そして、さらに進行すると歯周ポケットが深くなり、歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けて歯がグラグラと揺れてくるようになり、最終的には歯が抜けてしまいます。
つまり、自覚症状が殆どなく気づいたときには、歯を抜かなくてはならなくなる怖い病気なのです。

 歯周病はプラーク(歯垢)の中の細菌が原因です。プラーク(歯垢)は、粘着性が強くうがいをした程度では取り除くことが出来ません。プラーク(歯垢)1㎎の中に10億個もの細菌が住み着いていると言われています。このプラーク(歯垢)は、取り除かなければ硬くなり、歯石と言われる物に変化します。歯石は歯ブラシでは 取り除くことが出来ません。この歯石の中やまわりに更に最近が入り込んで、歯周病を進行させる毒素を出し続けます。
このプラーク(歯垢)や歯石は、キッチンで言うところのカビや雑菌に相当します。排水溝も使用する度に綺麗にしていれば、それ程汚れることはありません。しかし、掃除を怠ると直ぐに雑菌が繁殖していろんな種類のカビができてしまいます。
お口の中も同じ状態になってしまうと想像して頂くとゾッとしますよね。

 ここまで読んで頂けると、プラーク(歯垢)と出来てしまった歯石を取り除けば、歯周病を予防出来るとわかると思います。しかし、毎日歯磨きをしていても歯周病になってしまう人はたくさんいらっしゃいます。

歯磨きと一口に言っても中々難しく、磨いていても磨けていないことが多いのです。私たちの口腔内は歯ブラシでは届きにくい箇所があります。奥歯や歯並びの悪い箇所には歯ブラシが届きにくく、汚れが残りやすくなります。また、自分では丁寧に磨いているつもりでも実際には癖などもあり、自己流の磨き方になってしまっています。

歯周病を予防するためには正しい歯磨きの方法に加えて、歯間ブラシやデンタルフロスを用いて歯ブラシの弱点を補ってやることが必要になります。

正しい歯磨きの方法を習得していたとしても、プラーク(歯垢)を100%取り除くことはホームケアでは限界があります。ホームケアでは取り除くことが出来ない歯周ポケット内のプラーク(歯垢)や歯石を、歯科衛生士が専用の機械を用いて確実にとり除く必要があります。

 

つまり、歯周病にならない、再発させない為には毎日の正しいホームケアと定期的なメインテナンスの両方がとても大切で、口腔内の汚れを限りなく0の状態にしてあげることが重要です。

歯科助手 喜田麻友美