プラークについて

今日はプラークについてお話しをしていきたいと思います。

 

さて、プラークはお口の中でどのようにしてつくられるのでしょうか、、、?

お口の中にはミュータンス菌という菌が住んでいます。その歯の表面にすむミュータンス菌は食物中の砂糖を分解し、ネバネバの物質をつくります。このネバネバ物質がグルカンと言います。その強いネバネバでミュータンス菌が歯の表面にくっつきます。やがてそこには多数の細菌が住みつくようになり、プラークがつくられていきます。

 

プラークとは細菌の塊です。歯の表面でバラバラに存在しているだけなら、それほど怖くはない細菌です。ところが、身を守るためにスクラムを組んでまとまり、ノリのような膜をつくると、薬や抗菌物質をはね返してしまうようになります。この膜は細菌たちを守るいわばヨロイのような役割をします。このような構造をバイオフィルムと言います。

 

プラークは水でうがいをするくらいでは簡単には落ちません。歯ブラシや歯間ブラシ、糸ようじでしっかりと取り除くが大切です。そして、歯科医院で機械を使ってバイオフィルムを除去することも大切です!!

 

定期検診では、歯科衛生士が患者様のお口の健康を維持していただくために機械を使ってバイオフィルムの除去を行なっています。

 

虫歯になったので歯医者に行く。のではなくて虫歯にならないようするために歯医者に行く。定期的健診に通い虫歯や歯周病を未然に防いでいきましょう!

 

 

歯科衛生士 大野佳奈