妊婦さんの歯の治療

最近、季節の変わり目で、気温の変動が大きいですが、体調など崩されてはいないでしょうか?お気をつけくださいね。

今回、妊婦さんと歯の治療についてお話をしていこうと思います。よく、巷で「妊娠した後歯が悪くなった」などの話を耳にすることがあります。その理由は、いくつかあります。

まず一つ目は、つわりが起こると歯が磨けなくなったり、お口に胃液が逆流して強い酸に触れた歯が溶かされてしまうこと。二つ目が、味の好みが変わることです。甘いものや酸っぱいものが好きになり、虫歯菌の好きな食べ物であったり、歯が溶かされてしまう食べ物をよく摂取してしまう事にも原因」となってしまいます。また、お腹が大きくなると胃が押さえられ、少しずつしか食べれなくなり、虫歯菌が餌を与えられる回数が増えてしまいます。

三つめが、妊娠中はホルモンの影響で唾液が少なくなります。そうなると、お口の中を洗い流してくれる自浄作用や歯を修復する再石灰化作用も弱まってしまいます。このような事が総合的に重なって虫歯になりやすくなります。

 

では、歯周病についてはどうでしょうか?妊娠すると、歯周病も進行しやすくなります。それは、妊婦さんの体内で多く分泌される女性ホルモンが大きく関係しています。胎児が大きくなるように体を変化させる女性ホルモン。女性ホルモンには、ある特定の歯周病菌の増殖を促したり、歯周組織の炎症を悪化させたりする作用があります。そのため、歯周病が進行しやすくなります。歯周病の炎症は、早産と関係するとも言われています。

 

妊婦さんご自身のお口の健康のため、生まれてくる大切な赤ちゃんのために歯科検診を受けておいてくださいね(^^♪不安なことや悩みがありましたら、気兼ねなくご相談ください。適切なアドバイスもさせていただきます。

 

歯科衛生士 伊藤小百合