抜歯の判断基準

こんにちは、歯科医師の藤村です。

連日サッカーワールドカップで盛り上がっていますね。私も日本の応援で睡眠不足気味です。
さて、歯周病や虫歯を治療せずに放っておくと、その歯は抜歯をしなければならなくなります。しかし毎日診療している中でこの歯は抜歯?残せる?と考え込むことも少なくありません。そういった状況で困ったときに、私はある程度の抜歯の判断基準を持っています。以下5つに分けて示します。


①残っている歯の量、崩壊量
虫歯を削っていって、健康な歯が植わっている骨よりも下側にしか残らなかった場合は抜歯とします。微妙な位置の場合、限局矯正で歯を引っ張り出したり、歯周外科を用いて抜かずに済む場合もあります。

②歯の揺れ
歯周病が進行すると骨が溶けて、歯が揺れてきます。歯をピンセットで揺らしてみて、歯が上下に動くようであれば抜歯となります。左右前後にのみ揺れるようであればかみ合わせを調整したり、ナイトガードをはめてみたりして揺れがおさまってくるか経過を診ます。

③骨に植わっている歯の根っこの長さの割合
歯の見えているところより骨に植わっている根っこが短い歯に被せ物をする場合、その負担能力が低く、抜歯の判断基準とされます。

④根っこの先の状態
歯の根っこの先に病変があり、治療をしても痛み等の症状が消えず、歯の中にある神経の管が閉じてしまっている場合、抜歯となることが多くなります。ただし、根っこの先だけを切り取る手術をしたり、一度その歯を抜いて、根っこの病気を取って再び元の場所に戻す再植という手術をして保存を試みることもあります。

⑤戦略的な意味
隣の歯を守るためにあえて抜歯をすることがあります。これは歯のまわりの骨を失っているが、まだ隣の歯との間の骨がわずかに残っている場合、実施します。



抜歯かな、と迷った時には以上のようなことを考えて判断しています。しかし患者様ごとに状況は様々ですし、患者様ご自身のお気持ちも重要だと考えておりますので、常にその判断は流動的です。

また歯の根っこだけでも残すことで、まわりの骨を保存できたり、ものを噛んだときの感覚も残せるなどの利点もあるので、やはりできる限り歯は抜かずに残す、ということが第一なのだと思います。さらに重度歯周病で一見抜歯だと思える歯も、しっかり歯周病の治療を施すことでより長期的にかつ有効に維持することが可能となるため、まずはとにもかくにも歯周病の治療を徹底的にすることで一本でも多くの歯を残したいと考えています。

 

参考文献

前田芳信、池邉一典 その補綴に根拠はあるか 冠・ブリッジ・義歯・インプラントに対応 (クインテッセンス出版株式会社)

 

歯科医師  藤村 拓