歯科治療と医療控除について

みなさんは医療費控除というものをご存知でしょうか。

今回は医療費控除についてお話しさせていただきます。

 

《医療費控除とは》

「自分」と生計を共にしている「自分の家族」の分も含めた医療費の総額が年間(1月1日から12月31日まで)10万円または年間所得金額の5%のいずれか少ない方を超えた時に、その超えた総額(最高200万円まで)を総所得金額から控除することが認められています。

 

《医療費控除を受けるためには》

毎年2月16日〜3月15日までに

税務署に確定申告をしなければなりません。

※申請し忘れても、5年前までさかのぼって医療費控除を受けることもできます。

 

病院で貰った領収書を手元に残しておくとスムーズに手続きができます。

是非、病院で貰った領収書を保管しておいてください。

 

《歯の治療で対象になるもの》

・虫歯の治療

・歯周病の治療

・親知らずの治療

・セラミックなど虫歯の自由診療費

・入れ歯

・インプラント

・矯正治療

→矯正でも審美矯正は対象にならない

(大人の矯正治療の場合は美容目的とみなされ、診断書が必要な場合もあります)

・歯科ローン

→歯科ローン契約が成立した年

(ローンに係る金利及び手数料は対象にならない)

・治療のための通院費

→交通機関を利用した時のみ

(自家用車で通院した時のガソリン代、駐車場代は対象外)

 

歯科治療は基本的に医療費控除の対象になるものがほとんどです。

 

 

《医療費控除の計算式》

医療費控除の対象になる金額は以下の式で求めることができます。(最高200万円)

医療費  −  ①保険金等の収入  −  ②10万円 = 医療費控除額

①生命保険などで支給される給付金や健康保険などで支給される一時金など

②総所得金額が200万円未満のばあいは、総所得金額の5%

 

この医療費控除額に所得税率をかけたものが返ってくる還付金の額です。

 

医療費控除額  ×  所得税率  =  還付金

所得税率(平成27年以降)

課税される所得金額→税率

195万円以下→5%

195万円〜330万円以下→10%

330万円〜695万円以下→20%

695万円〜900万円以下→23%

900万円〜1,800万円以下→33%

1,800万円〜4,000万円以下→40%

4,000万円〜→45%

 

例)課税される所得が400万円(所得税率20%)で、1年間に40万円の医療費を支払い、保険金が10万円降りている場合

 

医療費40万円  −  保険金10万円  −  10万円 = 医療費控除額20万円

医療費控除額20万円  ×  所得税率20% = 還付金4万円

《《4万円返ってくることになります》》

 

林歯科医院ではローンでのお支払いもできます。

ローンを組んだ場合でも医療費控除を受けることができますのでご安心ください。

また、ローンを希望される方は気軽にスタッフにお申し付けください。

 

医療費控除を申請するにあたり領収書を紛失された場合、再発行させていただきます。

領収書の再発行、ご不明な点がございましたら受付スタッフにお声掛けください。

受付  山崎 静香