抜けた乳歯をどうするか

こんにちは。

スタッフの喜田です。

年が明けたばかりと思っていたら、もう2月が終わりますね。

時が経つのが早く感じる今日この頃です。

 

さて、抜けた乳歯をどうするか。

乳歯が抜けるというのは、子どもの成長を意味するとても喜ばしい出来事です。
日本では、上の歯は縁の下に、下の歯は屋根へ放り投げるという習慣がありますよね。
これは、「上の歯は下に向かって、下の歯は上に向かってすくすく育つように」

との意味を込められています。

中国やベトナムでは日本と逆に、上の歯を屋根、下の歯を地面に投げます。

ハイチやボツワナ、ブラジル、ギリシャなど、上下どちらの歯でも屋根に投げる国もたくさんあります。

一方、アメリカ、カナダ、イギリスなどでは夜眠る時、枕の下に抜けた歯を入れておくと、

“歯の妖精”がやってきて、抜けた歯を持っていき、コインと交換してくれるという言い伝えがあるとか。
ロシアやアフガニスタンでは、ネズミのような丈夫な歯が生えるようネズミの巣穴に

ポトンと、落とすそうです。

チリとコスタリカは、抜けた歯をイヤリングにして身につけておくそうですよ。

最近では、かわいらしくて素敵なトゥースケースもたくさん売られており、

抜けた歯を保存されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

成長の記念として取っておくのもいいですよね。

 

慣習は国によって大きく変わりますが、子どもの健やかな成長を願う気持ちは、

どの国にも共通していますよね。