赤ちゃんの口腔内について

米国ニューヨーク大学歯学部の研究で、お母さんに虫歯があり帝王切開で生まれた赤ちゃんは経腟分娩で生まれてきた赤ちゃんより虫歯になりやすく注意が必要であるということがわかったそうです。(2005年)

(調査はアメリカ・アラバマ州て行われて、経膣分娩127例と帝王切開による出産29例の合計156組)

 

調査の結果、帝王切開で出産した赤ちゃんは、経膣分娩で出産した赤ちゃんよりも、ミストレプトコッカス・ミュータンスュータンス菌に感染するのが1年早いことが分かったそうです…

(※ストレプトコッカス・ミュータンスは最初からヒトの口腔内に存在しているのではなく、口移しや食器の共有などによって、感染者の唾液が口に入ることによって感染する)

 

帝王切開と経膣分娩では感染率になぜ差が出るのか?

研究グループはその理由の1つとして、「帝王切開によって出産した場合、出生時にあまり細菌に暴露しないため、細菌に対する抵抗力が弱くなり、感染しやすいのでは…」と述べているそうです。

 

どちらにしても、お母さんのお口の中の状態が良くないと、生まれてくる赤ちゃんに悪影響が及びます。普段からしっかり歯磨きをして、定期的に歯科医院でクリーニングしていきましょう。

 

引用

http://www.dent8020.net/prof.html

 

Journal of Dental Research[84(9).806-811,2005] Dental Tribune TheWorld's Dental Newspaper/J.Edition

Vol.1-8.2005/11

赤ちゃんの口腔内について