キシリトールについて!!


私達がガムやタブレットなどのお菓子の形で口にするキシリトールは、白樺や樫などの木から抽出されるキシランヘミセルロースを原料にして作られています。 

キシリトールは、糖アルコールの中で最も甘く、砂糖と同じ甘味度を持っています。

むし歯の原因にならない甘味料

キシリトールは、糖アルコールという甘味炭水化物です。

糖アルコール→(マルチトール・ソルビトール・マンニトール・キシリトール・エリスリトール・還元麦芽糖水飴・パラチニット)

キシリトールを始めとする糖アルコールは、むし歯の原因になりません。糖アルコールからは、口の中で歯を溶かす酸は作られないからです。キシリトールは甘味が強いので、その甘味により唾液も出やすくなります。

酸を作らないこと、そして、唾液の分泌を刺激して酸を中和することが、キシリトールがむし歯の原因にならない理由です。

キシリトールには、「むし歯の発生や進行を防ぐ」という、他の糖アルコールにはない特徴的な効果があります。

キシリトールには、むし歯の大きな原因であるミュータンス菌の活動を弱める働きも持っています。

ソルビトールやマルチトールなどの多くの糖アルコールは、少ない量ではありますが、口腔常在菌によって酸を作ります。しかし、キシリトールは口腔常在菌が利用できないため、全く酸を作りません。また、キシリトールには歯垢中に存在するショ糖を分解する酵素(シュクラーゼ)の活性を低下させ、歯垢中で酸ができにくくする作用に加え、アンモニア濃度を上げて酸の中和を促進する働きがあります。

また、キシリトールは歯垢を剥がしやすくするため、ブラッシング効果を上げ、フッ化物と一緒に使うことにより、歯を硬くする効果を向上させます。

キシリトールの効果が期待できるお菓子は、ガムかタブレットです。これ以外のお菓子や食品、例えば、ケーキやジュース類にキシリトールが含まれていても、むし歯予防の効果は期待できません。ガムやタブレット以外でキシリトールが口の中に長くとどまるものがないからです。また、これらのお菓子には、キシリトールができるだけ高濃度で含まれていることと、砂糖などの発酵性の甘味料が含まれていないことが必要です。その為、「シュガーレス」表示を確かめるか、パッケージの成分表示をよく見て、糖類が0gであることと、糖質中におけるキシリトールの割合が50%を超えていることを確認してみて下さいね。

むし歯予防効果を十分に発揮させるためには、高濃度キシリトール配合のガムかタブレットを1日3回、3カ月以上続ける必要があります。むし歯になりやすい方には、特に効果的だと思います。

当院ではサリバテストというむし歯になりやすいかどうかを調べる事の出来る検査を行っています。気になる方はスタッフにお声かけ下さい!!是非、当院へお越し下さい!!

林歯科医院 歯科衛生士 伊藤かおり

医療法人尚志会 林歯科医院 
三重県松阪市嬉野須賀領町507-1 
0598-42-7272
http://www.hayashi-shika.com/
林歯科医院Facebook