みなさんは、歯と歯の間何を使ってますか?

 

みなさんは普段からフロスを使っていますか?

外からよく見える歯の表側、舌で触れられる裏側。そのほか上下の歯が噛み合うデコボコした噛み合わせ面があります。歯の表と裏、噛み合わせ面の汚れは見た目や不快感でわかり、お掃除しないと気持ちが悪いので毎日歯磨きしますよね。

では、歯と歯の間のお掃除はどうでしょう?

歯と歯の間??

ちゃんと毎日歯ブラシで磨いてるけど?

お子さまは、毎日仕上げ磨きをしてるから大丈夫!

と思われるかもしれませんが、歯の隣接面、実は磨き残しの多いトラブル発生地帯です!

隣接面とは簡単に言うと歯と歯の間になって隠れている面のことです。
歯ブラシの毛先が届きにくい隣接面、汚れに気づきにくい場所ですが意外とその面積、広いんです。
とくに奥歯の隣接面の面積は広いですが、隠れていて見えず触れられない場所なのでその存在は忘れられがちです。
そのため隣接部は汚れが溜まりやすくしかもたいへんお掃除しにくい、むし歯や歯周病の危険地帯です。
そして、歯と歯が接しているコンタクト・ポイント(接触点)にはほとんど隙間がありません。

そこでフロスの出番です!

極細の繊維は丸みのある歯面にフィットしてコンタクト・ポイントのプラークや汚れをしっかりと絡めとってくれます。

では、フロスの種類を紹介したいと思います!

スタンダード型(糸巻き状になっていて指に巻いて使うもの)

《ノンワッククスタイル》
ワックスで固められていないので歯の凹凸にフィットして汚れを落としやすいと言われています。
ただし詰め物やかぶせ物があると引っかかってしまうことも。
治療跡の少ない比較的健康なお口のかたにおススメです。

《ワックスタイプ》
繊維がワックスでコーティングさてれいるので切れたりばらばらになりにくいのが特徴です。
歯と歯の隙間がきつくてノンワックスのフロスが通らないという方や、かぶせ物や詰め物に引っか
かってばらばらになってしまうという方におススメです。

ホルダー型(フロス初心者のかたも使いやすい柄付きフロス)

《F字型は前歯やお子さんの仕上げに》


《Y字型は奥歯の隣接面のお掃除までバッチリ》
柄がついているとつい力を入れてグイッと入れたくなりますが優しく動かしながら歯ぐきを傷めないように入れましょう。


毎回の歯磨きでフロスを使うのは時間もないし難しいかもしれません。
初めは1日1回、夜寝る前の歯磨きにフロスを使ってみることからしてみましょう!!

 

歯科衛生士 島田

医療法人尚志会 林歯科医院 
三重県松阪市嬉野須賀領町507-1 
0598-42-7272
http://www.hayashi-shika.com/
林歯科医院Facebook