補助道具

 

こんにちは!林歯科医院の荒井です。

今日は補助道具についてお話しようと思います!!

補助道具は歯間ブラシ、フロス、糸ようじなど何種類かあります。

その中でデンタルフロスと糸ようじについて紹介しようと思います!!

 

 

デンタルフロスとは歯と歯の間をお掃除する道具の一種で糸ようじみたいに持ち手がなく糸のみがケースに入っているものです。糸にもワッスクタイプ、ノンワックスタイプの2種類ありミントのフレーバーがついているものもあります!!

私のおすすめとしては糸ようじよりもデンタルフロスです!!歯と歯の間はもちろん奥歯では歯のカーブの部分までデンタルフロスではご自身の指がフォルダー代わりになりますのでカーブに沿わして汚れがしっかり取れます!!使い勝手は慣れるまでは難しいですが毎日使って頂ければ鏡も見なくても奥歯までしっかり通せるようになります!!使い方は以前スッタッフが紹介してくれてます♪

 

糸ようじは2種類F型、Y型があります。デンタルフロスよりはフォルダー持ち手がありますのでなによりも簡単に使える道具だと思います。一般的にはF型と呼ばれる糸ようじの方が多く販売されているのではと思います。私も何度か使ったのですが1番奥の間はやっぱり難しいです(^_^;)そこでY型の糸ようじは奥歯を簡単に通せます!!デンタルフロスが難しくどうしても使えない方にはおすすめではないかと思います!!

 

補助道具は歯ブラシでは取りきれないところを助けてくれる道具ですが基本の歯ブラシも優しい力で時間かけて磨いてあげて下さい~♪

歯科衛生士 荒井