アイコスと歯周病

 

先日、患者様に「アイコスでたばこを吸っているのですが、それでもたばこのヤニはつきますか?普通のたばこより歯周病になりにくくなりますか?」との質問を頂き、私もきになったので、そのことについて勉強した事をここでお話したいと思います。

まず、たばこはなぜ歯周病に悪いのか?‥

タバコの煙には数千もの化学物質が含まれ、有害な物質が200~300もあるといわれています。

①タールが付着すると歯垢(プラーク)や歯石がつきやすい。

②歯肉に酸素や栄養を供給するのに大切な血管が、タバコのニコチンが血管を収縮させ酸素や栄養分の供給が不十分になる。

③歯と歯肉の境目にある溝の中の酸素が不足することによって、酸素が大嫌いな歯周病菌にとって繁殖しやすい環境を作ってしまう。

④歯肉を修復するために必要な繊維芽細胞の働きが抑制される。

⑤歯周病菌と戦う白血球の機能が低下してしまう。

たばこは歯周病を悪化させるだけでなく、タールによってヤニが沈着し、メラニンが沈着して歯肉が黒くなり、線維性のゴツゴツした歯肉になります。また舌の表面の細かい突起部分に舌苔(細菌のかたまり)にまみれてヤニが沈着し、口臭を発します。 

アイコスを喫煙した場合‥

アイコスにはニコチンが含まれていますが、火を使うわけではないのでタバコを燃やした時に発生するタールはほとんど含まれていないので、歯は黄ばみにくいと言われています。

ですが、アイコスにもニコチンや一酸化炭素、タールなどは含まれています。この物質を吸い続ける事でニコチンが血管を収縮させたり、歯周組織を破壊し続けてしまいます。血管を収縮させてしまうと歯肉が炎症を起こしていても出血や腫れが抑えられるため、初期症状が気づかないというケースに結び付きます。また、口の中の細菌の繁殖を抑える機能も低下するため、歯垢が増えやすくなり、歯肉が炎症しやすくなります。

 

結果‥アイコスに変えても着色はつきにくくなりますが、歯周病にはなるという事になります。

お口の中で気になる事がございましたらスタッフにお声かけ下さい!!

 

医療法人 尚志会 林歯科医院 歯科衛生士 中川 かおり