六歳臼歯とシーラント

こんにちは!今日は六歳臼歯とシーラントについてお話します。

 

六歳臼歯とは…

6歳ごろに乳歯の1番奥に生えてくる初めての永久歯(大人の歯)です。

奥歯に生えてくる六歳臼歯は噛む力が一番強く、食物を噛み砕く力があるとても大切な歯です。

また、歯の噛み合わせや正しい歯並びを決める基本となる重要な歯なのです。

 

ところが、六歳臼歯はむし歯になりやすいのです。

一番奥に生えてくるため、生え始めに気が付かない事が多く、歯磨きの際にも見落としてしまう傾向にあります。

また、六歳臼歯は完全に生えるまでに時間が掛かります。完全に生えるまでは隣の歯と比べて背が低いため、普通の磨き方では歯ブラシの毛先が届きにくくなります。

乳歯と比べて、歯の噛み合わせ部分の溝が深く、汚れの貯まりやすい構造になっています。

以上のことが六歳臼歯がむし歯になりやすい原因となります。

 

しかし、六歳臼歯をむし歯から守る方法はあります。いつもの歯磨きに工夫を取り入れたり歯医者さんでのむし歯予防を取り入れたりすることで、むし歯予防に繋がります。

 

まずは、六歳臼歯の磨き方です。

先程もお話したように、六歳臼歯は隣の歯より背が低く、噛む面の溝が深いため普通の歯の磨き方では毛先が届きません。そのため、口の真横(頬っぺたの方)から小さめの歯ブラシを入れることで歯ブラシの毛先が六歳臼歯に届きやすくなります。その際、口を軽く閉じてきてもらうと頬っぺたが伸びるため、歯ブラシを奥まで入れやすくなります。

初めは、家族の方の仕上げ磨きが必要です。噛み合わせの部分に汚れが貯まりやすいことを意識して丁寧に磨きましょう。

 

次に、歯医者さんでの予防についてです。

歯医者さんでの予防法は、主に2つあります。

①フッ素塗布

フッ素にはむし歯予防の効果があるため、歯医者さんで定期的に塗ることがお勧めです。

②シーラント処置

シーラントとは、フッ素配合の樹脂やセメントです。処置内容としては、生えてきた六歳臼歯の深い溝を、むし歯になる前にシーラントで予防的に埋めてしまう方法です。

シーラント処置は、歯を削らずにむし歯から歯を守る歯に優しい治療です。シーラント処置をすることで、歯質の強化やむし歯予防の効果が期待できます。

 

しかし、シーラントをすればむし歯にならないという訳ではありません。歯の噛み合わせの面にしか施せない処置なので、歯と歯の間や歯茎との境目には行えません。

ですので、シーラントと並行して日頃の丁寧な歯磨きや定期検診でのフッ素塗布が重要となります。

 

 

歯科衛生士 新田桃花