MENU

マタニティ歯科MEDICAL

マイナス1歳からの
虫歯予防

プレママからの赤ちゃんの虫歯予防

妊婦さんが歯周病である場合、早産・流産・低体重児出産など出産時のトラブルと深く関わってきます。
また出産後も、周囲の大人の口内環境が悪いと、お子様の虫歯リスクが上がってしまうこともあります。
安全な出産とお子様の健康のためにも、妊娠中からお口のケアに取り組みましょう。

妊娠中の患者様へ

*

お口を健康にすることも出産準備の一つです
妊娠中の患者様、新しい命を授かり、自らの体内に宿す幸福を心からお祝いいたします。楽しみですね。
その反面、歯科治療については、胎児への影響をとても心配されることと思います。そんな不安や疑問を少しでも解消してもらえればと思い、胎児の発育段階による影響をご説明いたします。

妊娠中は、
いつ治療を受ければいいの?

*

治療を行うのは安定期(妊娠中期)が最適です
妊娠中の口内環境の悪化は、出産時だけでなく、生まれてくるお子様にも悪影響を与えることがあります。ご自身と生まれてくるお子様のためにも、妊娠をしたら必ず歯科医院にて検診を受けるようにしましょう。
妊娠初期や妊娠後期は応急処置のみにとどめ、妊娠中期(安定期)に虫歯や歯周病の治療、お口のクリーニングを行うのが最適です。
  • 妊娠初期
    4ヶ月(0~15週)まで

    つわりなどの症状がなければ治療・外科処置・麻酔は問題ありません。(局所麻酔薬は胎児に影響を与えることはまずないと考えられています)
    投薬は歯科医院では基本的に行いません。レントゲン撮影は歯科領域(顔を焦点)は安全であるとされていますが、緊急でなければ行いません。

  • 妊娠中期
    5〜7ヶ月(16〜27週)

    妊娠中の最も安定している時期で治療・外科処置・麻酔は問題ありません。
    投薬は歯科医院では基本的に行いません。
    レントゲン撮影は歯科領域(顔を焦点)は安全であるとされていますが、緊急でなければ行いません。

  • 妊娠後期
    8ヶ月(28~39週)以降

    子宮が大きくなり、長時間の仰向けの体勢が難しくなります。長時間仰向けになることで、妊婦さんに低血圧が起こったり、胎児への血流量の減少が起こるため注意が必要です。緊急処置が必要な場合以外は治療を行いません。当院では妊婦さんには、可能であれば出産予定日の2ヵ月前までに治療を終了するようにご予約をお取りします。

妊娠中の薬剤の投与時期が
胎児に与える影響

  • 4週までは流産、4週から15週は奇形、16週から分娩までは胎児に対する毒性が考えられます。
    当院では、投薬は基本的に行っておりません。

妊娠中の歯磨きは、普段以上に
丁寧に行いましょう

*

女性は、妊娠時と更年期にホルモンの量が変化します
この性ホルモンの分泌バランスが崩れると、歯ぐきの状態にも影響します。
特に、妊娠2ヵ月から8ヵ月の間は歯ぐきの腫れがひどくなってきます(妊娠性歯肉炎)。炎症が強くなるため歯ぐきがぶよぶよとふくらんで、指で触ったり歯ブラシの毛先があたったりすると、すぐに出血します。これは、歯周組織中に女性ホルモンのプロゲステロンやエストラジオールが増えると、歯周病菌の一種のプレボテラ・インターメディアが増え、歯ぐきの腫れがひどくなることから起こるのです。
場合によっては歯がかくれるぐらい腫れが大きくなり・妊娠腫(妊娠性エプーリエス)という状態になります。こうなると、ほとんどの人は驚いて歯科医院の門をたたくようです。

このような状態を招く背景には、もともと歯磨きを怠ったために生じた歯肉炎がありますから、治療法としては、まずその原因となったプラークや歯石を取り除けばいいわけです。子どもが生まれてホルモンのバランスが元に戻ることにより、症状が和らぐ場合もありますが、安心しないで口の中の徹底的な清掃を続けることが必要です。もちろん、普段からかかりつけの歯科医院で定期検診を受けることも大切です。

妊娠中になりやすい
お口の病気

  • 虫歯・歯周病
    歯磨きがしっかりできないほどの辛いつわりだったり、嘔吐による胃酸の影響で歯の表面が弱くなり、汚れが付着しやすい状態になってしまうことで、通常よりも虫歯や歯周病のリスクが高くなってしまいます。
  • 妊娠性歯肉炎
    妊娠初期のホルモンバランスの変化によって、歯茎の腫れや出血が生じることが多くなります。一般的な歯肉炎と同じで痛みを伴うことは少なく、症状に気が付かないまま進行してしまうことがあります。
  • 妊娠性エプーリス
    女性ホルモン増加の影響で、歯茎がコブのように大きく膨らんでしまうことがあります。ほとんどは良性で出産後に自然となくなる場合が多いのですが、気になる場合はお気軽にご相談ください。

こまめなケアでお口の
トラブルを予防しましょう!

  • care1 朝起きたらまずは歯磨き

    唾液の分泌量が減る就寝中は、細菌が繁殖しやすい状態となります。
    就寝中に増えてしまった細菌を除去するためにも、起床後はすぐに歯磨きやうがいをし、虫歯や口臭を予防しましょう。また起床後すぐに限らず、就寝前、食後の歯磨きも大切です。

  • care2 こまめなうがいで予防ケア

    つわりが辛く歯磨きが困難な場合は、無理をせず、こまめなうがいでお口の中の汚れを洗い流しましょう。
    フッ素入りの洗口剤でさらに効果アップ。つわりが安定したら、いつも通りの歯磨きでお口を清潔に保ちましょう。

授乳中の患者様へ

*

歯科治療・外科処置・麻酔・レントゲン撮影は
特に問題ありません。
内服した薬はほとんどが母乳中に移行しますが、非常に少量です。当院では安全に使用できる薬を処方します。
授乳の間隔により予約時間を調整するため、受診前に受付にご相談下さい。お子様には生後約6ヶ月から虫歯菌は感染すると言われています。特に生後19ケ月(1歳7ケ月)から31ケ月(2歳7ケ月)の間に集中的。主な感染経路は育児を担当するご家族からが多いと考えられているため、家族の虫歯菌の量を減らしておくことがお子様の虫歯予防に重要です。
ママのためのお薬情報 (外部サイト「国立成育医療研究センター」へ飛びます)

お子様の健康な
お口づくりのために

虫歯は周りの大人からお子様にうつるといわれています。
いったいどういうことなのでしょう?

虫歯菌の感染と
生活習慣によって
虫歯になる
と考えられています

  • 虫歯を虫歯菌の感染症と
    考えれば
    虫歯(ミュータンス連鎖球菌)の感染症対策が必要になります。
  • 虫歯を生活習慣病と考えれば
    歯磨き習慣、食生活習慣の改善が必要になります。

虫歯はどうして
できるのでしょうか?

虫歯の主要な原因菌はミュータンス連鎖球菌、それを活性化させるのが砂糖です。その理由は?

  • 虫歯菌は歯の表面に強固に付着しやすい性格があります。
  • 虫歯菌は砂糖を取り込み唾液や水に溶けにくいネバネバした歯垢をつくります。
  • 虫歯菌は砂糖を分解して酸を生産し、歯を溶かしてしまいます。

虫歯菌はどこから
感染するのでしょうか?

虫歯菌は歯が生えていない乳児には感染しません。
虫歯菌は歯の生え始める生後6ヵ月頃から感染します。特に生後19ヵ月(1歳7ヵ月)〜31か月(2歳7ヵ月)の間を「感染の窓」と呼び、この時期は感染のリスクが高まりこの時期に悪い菌が多く感染するとその菌が優位になりますし、周囲の育児に従事しているご家族の方の口腔内の状態が良好で良い菌が定着すると、その後も悪い菌が定着しにくくなります。

ミュータンス菌(虫歯菌)の
母から子への感染

  • 156組の母子のうちミュータンスに感染した
    子どもの割合

    感染している子どもの割合

    母親の口腔内のミュータンス菌が多ければ多いほど感染率が高くなっています。

  • ミュータンス菌106CFU/ml以上の母親における
    ミュータンスに感染した子どもの割合

    感染した子どもの割合

    ミュータンス菌に感染している母親の口腔を清掃することで、子どもへの感染を減少させることができます。

*

感染経路は育児を担当するご家族や、周りの大人からと考えられています。

  • 離乳食を与える時期のスプーン
  • ミルクの熱さを確かめるために口にした哺乳瓶の乳首
  • スキンシップとしてのお子様へのキス

虫歯菌が母親からうつったという根拠は次のような研究から証明されています。

  • 母親と子供の虫歯菌の量が一致
  • 母親と子供の虫歯菌の血清型とバクテリオシン生産パターンが一致
  • 母親と子供の虫歯菌のDNA診断で菌種と遺伝子型が一致

ただし、感染を恐れてスキンシップまで避けるというのはお子様の情緒教育上デメリットが大きすぎます。感染に対して神経質になり過ぎるのではなく、お母様を含めたご家族の口腔内の菌の数を減らし、より良い菌の割合が高まるよう歯科医院でのプロフェッショナルクリーニングや検診など専門家のサポートを受けましょう。これらのことは、虫歯予防に重要だといえます。お母様だけでなく、おばあ様、おじい様の歯周病ケアも重要ですよ。

虫歯菌の量を減らすためには
どうしたらよいのでしょうか?

虫歯予防には生活習慣を改善することが重要です。

  • 砂糖の制限。
  • 細菌が停滞しやすい部分を少なくする。
  • 虫歯の早期治療や歯と詰め物との間に隙間がある場合には早めに治療を受ける。
  • 適切なブラッシングを行い、デンタルフロスを使用する。
  • フッ素入り歯磨き粉を使用する。
  • 歯科医院でPMTC(衛生士が歯石除去、歯面清掃、フッ素塗布などを行います)を定期的に受ける。

虫歯菌の量が減ると
虫歯に
なりにくい環境ができます

*

虫歯菌であるミュータンス連鎖球菌を悪玉菌とすると、サリバリウス菌やサンギス菌などの細菌は善玉菌で、虫歯をつくりません。
この善玉菌が歯が出てきた時に歯の表面に付着していると、後から悪玉菌のミュータンス連鎖球菌が入ってきても歯面に接近できなくなります。逆に悪玉菌の虫歯菌が先に歯面に付着してしまうと、善玉菌の歯面への付着を妨げてしまいます。
そのため、お母様や周りの大人の方からお子様に感染する細菌の種類が、重要な意味をもちます。
ミュータンス連鎖球菌の量が少なく、善玉菌を多く持った大人からはその環境がお子様にうつりやすく、虫歯になりにくい環境ができます。保護者様の善玉菌がお子様にうつると、虫歯になりにくいと言えます。

ホームケアと定期検診の重要性

*

ご家庭での生活習慣が重要ですので、日頃からご家族で虫歯菌を少なくする努力をしましょう。

  • 痛みが無くても虫歯は早めに治療しましょう。
  • 歯科医院で定期的な歯の掃除(PMTC)や検診、フッ素塗布などを受け、歯の健康を保つために衛生士や歯科医師など専門家のサポートを受けましょう。

受診時のお願い

*

来院時には母子手帳をご提示ください
産婦人科医から注意を受けていることがあれば、些細なことでも必ず担当歯科医師へお伝えください。
また、診療はできるだけ楽な姿勢で受けていただけるよう配慮しております。体調や気分が悪くなった場合も無理はせず、すぐにスタッフへお伝えください。

小さなお子様と一緒に
安心して通える歯科医院です

*

当院では資格を持った保育士による
無料託児サービスを行っております(予約制)
小さなお子様がいらっしゃって治療に来られるのをためらわれている保護者様。保護者様の治療の際に幼稚園教諭・保育士資格をもったスタッフが大切なお子様をお預かりしますのでご安心下さいませ。
お子様の心配がないので、お母様はしっかりと治療に専念して頂けます。
※資格のあるスタッフがお休みの場合は、他のスタッフが大切にお預かりします。

妊婦さんへのおすすめ
アプリ「Babyプラス」

*

妊娠の悩みを解決!
医師監修の妊婦向けツールが満載のアプリ
「BABYプラス」は、日本産科婦人科学会監修の妊娠・出産情報、妊婦さん向けツール満載の無料アプリです。日本歯科医師会も提携し、アプリ内で「予防歯科ガイド」を監修しております。
近年、歯周病に罹患した妊婦は早産および低体重児出産へのリスクの増大が指摘されるなど、妊娠期におけるオーラルケアの重要性について、歯科・産科婦人科の双方から関心が高まっております。
当院も、「妊産婦への予防歯科」の普及に向けて登録しております。ぜひご利用ください。
ページの先頭へ戻る