MENU

予防歯科の豆知識TRIVIA

マウスピースで歯ぎしりや食いしばりから歯を守ろう!

林歯科医院スタッフの山端です。

歯にダメージを与えてしまう原因は虫歯や歯周病など様々ですが、意外と知られていない原因があります。それは「歯ぎしり」や「食いしばり」です。

 

 歯ぎしりや食いしばりをしていると

  • 歯がすり減ることで、虫歯ではないが冷たいものなどしみるようになる。
  • 歯周病の悪化につながる。
  • 顎への負担がかかり痛みの原因になる。
  • 歯にヒビがはいる。
  • セラミックの詰め物や被せ物が欠ける。

など、よくないことがたくさんあり、歯のためにできる限り避けてほしいところです。

 

昼間であれば意識して止めることもできますが、夜間の歯ぎしりや食いしばりは無意識状態なので、当然ですが止めることができません。そしてその時の力は昼間と比べるとかなり大きな力がかかっていると言われています。

 

そんな睡眠中の歯ぎしりや食いしばりから歯を守るために、マウスピースをすることをオススメします!

マウスピースは保険診療内(5000円程度)で作ることができます。

 

最初はマウスピースに慣れない方もいらっしゃると思いますが、少しでも気になるところがあればなんでもご相談ください。

 

寝ている間はマウスピースで歯を守りましょう!

 

ページの先頭へ戻る