MENU

歯の豆知識TRIVIA

口の中での金属アレルギー

こんにちは

松阪市林歯科医院のスタッフの長谷川です。

 

金属アレルギーとは…

歯の治療で入れた金属がアレルギーを起こし、口の中や体に反応を起こしてしまうことです。

金属アレルギーは急に発症することもあるので、今まで金属アレルギーの症状がない方でも金属に接触している頬の粘膜や舌が炎症を起こしていたら、もしかして金属アレルギーを発症してしまったのかもしれません。

蓄積されたお口の中の金属がその人の許容量を超えると、アレルギー反応を起こしてしまうので、患者様の中では、手や足などに発疹が出ている方もみえます。ひどい方は脱毛など、全身に症状が出てしまう場合もあります。

 

皮膚科で診断してもらって、治療をして行っても症状が改善されなくて、ひどくなってしまう場合は、お口の中の金属が原因かもしれないので、一度歯科で見せていただいた方がいいかもしれません。

 

金属アレルギーは自然に治らないので、お口の中の金属を除去してセラミックなど、メタルフリー(金属を使わない)の被せ物、詰め物に変えていくと改善されると思います。

 

 

林歯科ではゴールドの被せ物、詰め物も患者様におすすめさせていただいています。金属の中でも、ゴールドは金属アレルギーになりにくい素材です。しかも奥歯はとても力が加わる部位なので、ゴールドを入れることで、噛めば噛むほど金属が馴染んでいきます。しっかり噛めておいしくご飯を食べることができます。

(林歯科ではゴールドにプラチナを少し混ぜているので、見た目が黄色の金金のゴールドではなく優しい色味の金色です。)

 

金属アレルギーでない方でも、金属アレルギーは急に発症してしまうので、日頃から予防歯科(定期的なお掃除と検診)を心がけて、まずは虫歯にならないようにケアをして、詰め物をしなくてもいいようにするのが1番の対策です。

 

ページの先頭へ戻る