MENU

ブログBLOG

定期検診(メインテナンス)の重要性について

三重県松阪市 林歯科医院の衛生士の新田です!

今回は定期検診(メインテナンス)の重要性についてお話します。

 

定期的に歯医者で検診を受けている人の割合が約90パーセントといわれているスウェーデンと比較すると日本の受診率は約2パーセントと言われています。

予防先進国と比べると、日本では高齢になるにつれ失う歯の本数が多くなっています。

定期検診をきっちり受ける方と痛いときとか詰め物が取れたり何かあった時だけ歯医者に通う人とでは10年間で9~10本も歯を失う本数に差がでるという報告もあります。

虫歯や歯周病にならないように予防をして、将来的に1本でも多く自分の歯で健康でいられるようにしていくためには歯科医院での定期検診(メインテナンス)はかなり重要です。

定期的に検診をさせて頂くことにより、虫歯や歯周病になるリスクを下げることができます。また、虫歯や歯周病になってしまった場合でも早期発見・早期治療が可能になります。

 

歯磨きを頑張ればいいのでは?と思われる方も見えると思いますが、歯磨きだけで病気を防ぐのは困難です。

歯石やバイオフィルム(細菌の膜)はハブラシのみでは除去できないため専用の器具を使って除去する必要があります。

お口の中の細菌の数を少しでも減らすことで虫歯や歯周病の予防に繋がります。

なので、定期的な歯科衛生士によるプロフェッショナルケアが重要になります。

 

しかし、それに加えて日々のセルフケアも大切なものなので、正しいブラッシングの方法を習得して頂くことも重要です。

お口の中の状態・歯並びは人それぞれですので、その方にあった歯の磨き方を歯科衛生士がご指導させて頂きます。

磨くのが苦手な場所や虫歯のリスクがありそうな場所を発見し一人一人にあった磨き方をお伝えします。また、食生活も人それぞれですので上手な間食の摂り方やキシリトールの摂り方、フッ素を用いた虫歯の予防についてもお話させて頂きます。

人によって異なるリスクに応じて、アプローチをすることが効果的に歯を守ることに繋がります!

 

 

林歯科医院では、治療後のきれいな状態を維持していけるように歯科衛生士が健康な歯を守るお手伝いをさせて頂きます。予防歯科に重点をおいて取り組んでいます。15名の歯科衛生士と7名の歯科医師で歯周病も虫歯も管理していきお口の健康をサポートさせていただいています。

一生自分の歯で健康な日々を過ごしていくために、歯の定期検診(メインテナンス)は必要不可欠です!

 

ページの先頭へ戻る