MENU

ブログBLOG

感染予防対策には、これ!~舌磨きのすすめ~

こんにちは!松阪市林歯科医院の受付の小谷です。

 

新型コロナウイルス感染症が猛威を振っている中、

「舌みがき」でリスクを減らせる可能性があると、

鶴見大学歯学部 花田信弘教授が提言されています。

 

新型コロナウイルス対策のために

手洗いうがい消毒、そして舌清掃が有効です。

 

ウイルスは粘膜感染なので、口から胃に行くというよりも

口腔粘膜・咽頭粘膜から、体内に侵入します。

 

しっかりと舌のお掃除をしてお口の中の菌を減らすことで

新型コロナウイルスの感染リスクを減らすことができます。

 

では、舌みがきの方法をご説明しますね♪

 

①ブラシを舌の奥から手前に動かします。

この時、ブラシを手前から奥に動かしたり

前後に動かしていけません。

細菌を喉の奥に押し込んでしまう危険性があります。

優しく優しく動かします。

動かす回数は5回程度です。

 

②うがいをします。

除去しきれない口の中全体を殺菌します。

 

 

ここで、ポイント1!

舌苔という舌の汚れがついている部分に

きちんと舌ブラシがあたるよう

通常の歯磨きの時と同様に「鏡」を見ながら舌清掃を行っていきましょう。

 

 

ポイント2!

実は、寝ている間に気づかぬうちに口の細菌が肺の中に入ります。そして、朝は1000倍ほど口の中の細菌が多くなるといわれています。

怖いですよね…。

ですので、朝起きてすぐと寝る前の1日2回がおすすめです。

感染症対策はもちろんのこと、

歯みがき+舌みがきの2点セットを毎日行い

口腔内を綺麗にしていきましょう。

 

 

カラーは4種類です◎

ビビッドカラーの舌ブラシをご用意しています。

院内にはポップも掲示しています。

見本も飾っていますので、よかったら見てみてくださいね。

気になった方はぜひ受付にお声がけください♪

ページの先頭へ戻る