MENU

ブログBLOG

歯周病と喫煙って関係あるの?

こんにちは!三重県松阪市の歯医者、林歯科医院の歯科衛生士の黒坂です。

 

歯周病と喫煙の有無との関わりが深いことはご存じですか?

一見関係のないように思いますが、実は非常に関わりが大きいのです。

 

喫煙者のみなさん、私の歯茎は腫れてないから大丈夫!とお思いかもしれませんが、騙されてはいけません!

 

たばこの有害物質の影響で歯周病は進行しやすくなります。

 

歯周病が進行していても、見た目は腫れや出血が少ないのが喫煙者の特有の歯茎です。

なぜかというと、たばこに含まれる有害物質により歯茎が硬くなるからです。血管が収縮して血流が悪くなるので腫れていないように見えます。そのため、歯周病の重症化を見逃しやすくなってしまいます。

 

 

もうひとつ重要なポイントがあります。

 

それは歯医者に行って歯周病になっていることを知り、歯を残すために一生懸命歯周病の治療をしても、「たばこを吸っていない人に比べて治りにくい」ということです。

たばこを吸うと血流が悪くなり、そのことによって組織に栄養や酸素が十分に届きません。組織が頑張って治ろうと思っても壊れた組織の修復がうまく進まないことが大きな要因としてあげられます。

 

これに加え、たばこの有害物質で、歯周病菌などの酸素が苦手な細菌が元気になり、増殖しやすいこともわかってきています。

この理由としては血中の酸素不足によって、歯茎の中も酸素不足になり、歯周病菌にとって棲みやすい環境ができあがるからだと考えられます。

 

たばこがからだに悪いことはみなさんよくご存知だと思いますが、歯にとっても悪いのです。

 

私たち歯科衛生士と患者様と二人三脚で行う歯周病治療ですが、喫煙によって歯周病の治りが悪くなってしまうのは、私たちにとっても患者様にとってもすごく残念なことです。

 

歯を失わないために禁煙してみませんか?

皆様の禁煙のきっかけになると嬉しいです!

 

林歯科医院は、歯周病治療に真面目に取り組んでいます。

院長は日本歯周病学会、日本臨床歯周病学会の指導医・専門医・認定医です。

歯科衛生士も14名在籍していて毎日多くの患者様の歯周病治療を行っています。

また日本歯周病学会・日本臨床歯周病学会の研修施設にも認定されています。

歯周病でお悩みならまずは当院にご相談ください。

 

0598-42-7272

林歯科医院

三重県松阪市嬉野須賀領町507-1

ネット予約はこちら

林歯科医院では、現在歯科衛生士の募集を行っています。

私たちと一緒に患者様の口腔の健康を守りませんか?

見学だけでも大歓迎です。

オンラインでの見学・医院説明会も行っています。

 

求人ページはこちら

2021年4月
3月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930 
ページの先頭へ戻る