MENU

ブログBLOG

子供用のフロスってあるの?

こんにちは!松阪市の歯医者、林歯科医院の歯科衛生士の中谷です。

今回は子供のフロスについてお話していきます。

子供も大人と一緒で歯と歯の間の汚れは歯ブラシだけでは完全に取りきれません。

特に歯と歯の間は汚れも溜まりやすい所で虫歯になりやすい所になります。

しかしお子様が小さいとフロスを嫌がってさせてくれなかったり、怖がってさせてくれない事もあると思います。

そんなときにオススメなのが こどもデンタルフロス『FLOSSY』です!

種類はマンゴー、オレンジ、いちご、ぶどう、メロン、ピーチの6種類あり、個包装になっています。

6種類の味があるのでお子様と選ぶのも楽しいし、味付きなので嫌がらずフロスを使わせてくれると思います。

 

フロスを通すときは力いっぱい入れると歯茎を傷つけてしまうおそれがあるのでゆっくり横に動かしながら歯と歯の間に入れましょう。

フロスが入ったら両隣の歯に何度か擦りよせましょう。

取り出す時もゆっくり横に動かしながら取り出しましょう。

フロスを通す時はお子様だけでしないように注意して下さい。

 

またフロスが歯に引っかかったり、ほつれたりする場合は虫歯ができている事や詰め物が欠けている可能性もあるので歯医者で相談しましょう。

2021年4月
3月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930 
ページの先頭へ戻る