MENU

ブログBLOG

『歯の王様』6歳大臼歯について

こんにちは!松阪市の歯医者、林歯科医院の歯科衛生士の綿民です。

 

6歳大臼歯は6歳前後に乳大臼歯の後ろに生えてくる永久歯です。

永久歯の中で一番大きく、かむ力の最も強い永久歯です。

 

6歳大臼歯は他の永久歯が正常に並ぶための指標でもあり、この6歳大臼歯の位置で歯並びやかみ合わせが決まるとっても大事な永久歯です。

 

この6歳大臼歯は非常に虫歯になりやすくて、生えてから1年のうちに約50%の子供が虫歯にかかるといわれています。

 

6歳大臼歯は完全に生えるまでに期間がかかります。

その間歯肉がかぶさった状態で歯の周りや、かみ合わせの溝に汚れが溜まりやすく、歯ブラシが届きにくいので歯肉が腫れたり、虫歯になりやすくなります。

 

かみ合わせの溝の形がとても複雑で深い為、お子様自身で磨くのはとても難しいので

虫歯にならない様にする為には、保護者の方による仕上げ磨きと歯科医院での継続的な管理が必要になります。

 

 

仕上げ磨きのポイントは

 

生えかけの時期は他の歯より低い位置にあるので、頬の方向から斜めに歯ブラシを入れてかみ合わせの面を磨くようにしてあげてください。

 

 

歯科医院でのケア

 

・シーラント

・定期検診

・フッ素塗布

 

 

〜 シーラント 〜

 

シーラントとは虫歯の予防処置です。

歯の溝の部分を歯科用樹脂(プラスチック)を使用して埋める処置のことです。

 

6歳大臼歯の溝は複雑で深いので、その溝を浅くして汚れが溜まりにくくして虫歯になりにくくします。

シーラントにはフッ素が入っているので、歯を強くする働きもあります。

 

 

〜 シーラント施術の流れ 〜

 

①歯を綺麗にする

 ポリッシングブラシ、超音波スケーラーを使って歯や溝を綺麗に掃除します。

 

 

②シーラントの前処理

  シーラント前処理の薬を塗り、数秒おいて水で洗って、歯を乾燥させます。

 

 

③シーラント材を塗布

 歯の溝にシーラント材を流し込みます。

 

④シーラントを固める

 シーラント材を固める為に光を当てて固めます。

 

 

シーラント処置は健康保険適応で処置ができ、

歯を削る事なく出来る予防処置になります。 

 

シーラントをした後、徐々にフッ素が放出されるので、歯の強化・虫歯予防の作用を長期間、得ることができます。

 

シーラントしたからといって、虫歯にならなくなったわけではありません。

仕上げ磨き、ダラダラ食べなど食生活に気をつけてください。

 

毎日の食事や仕上げ磨きをしているうちに、シーラントが取れることもあるので、定期検診も忘れずに受けて予防していきましょう。

 

 

『歯の王様』6歳大臼歯を一緒に守っていきましょう

ページの先頭へ戻る