MENU

ブログBLOG

『噛ミング30』してますか?

こんにちは、松阪市の歯医者 林歯科医院の歯科衛生士の矢島です。

『噛ミング30』と言う言葉を聞いた事がありますか?『噛ミング30』とは、『カミングサンマル』と読み、厚生労働省が提唱した運動で、『一口30回以上噛むこと』を目標としたものです。

健康に長生きをする為に、食事はとても大切な事ですよね。健康な食材を選んでいても、健康な食べ方を出来ていますか?

『よく噛む』=『健康になる』と、言えるくらい、『よく噛む』ことにはいい事が沢山あります。

 

よく噛む事のメリット

・唾液がたくさん出て口の中をキレイにしてくれます。そして、唾液の働きが虫歯になりかかった歯の表面をもとに戻したり、細菌感染を防いでくれます。

・よく噛むことで細かく粉砕されて唾液とよく混ざり、おいしさがひきだせます。

・早食いや食べすぎを防ぎ、食欲を抑制するホルモンが分泌され、薄味や、少量でも満足感が得られることで肥満予防につながります。ダイエットにも繋がりますね。

・口のまわりの筋肉を使うため、表情がとても豊かになります。

・脳細胞の動きを活発化し、子どもの知育を助けます。

・上下のあごの骨や、顔面の骨の成長に大切な役割を果たしてくれます。

・消化酵素がたくさん出て、胃腸の働きを促進させてくれます。

・脳細胞を刺激し、免疫力がアップして「セロトニン」が分泌されます。このセロトニンは「ハッピーホルモン」とも呼ばれ、心のバランスを整えてくれたり、ストレスを軽減させてくれるとも言われているそうです。

 

カミング30をするポイント

・歯ごたえのある食品を選んだり、食材の大きさを大きくすることで、しっかり噛むことができます。

・食事の時間に余裕をもちましょう

時間がないと、つい早食いになって噛む回数が減ってしまいます。忙しかったり、小さなお子さんと一緒に食事をしていると、お子さんに気が向いて何を食べているのかわからないくらいで、『噛む事』に中々意識も出来ないかとおもいますが、『カミング30』を少しでも思い出してもらえたらと思います。

・食べ物が口の中にある時は、飲み物を摂らないようにしましょう

飲み物で食べ物を流し込んでしまうと、食べたものが細かくならないうちに胃に送られてしまうので消化によくありません。しっかり噛むと、食べ物が細かくなり、自然に飲みこめるようになります。

 

 『カミング30』をすることで健康にいい事が沢山あります。

ぜひ皆さんも意識してみて下さい(^_^)

そして、いつまでも自分の歯で健康になが生きしましょう(^-^)‼︎

ページの先頭へ戻る