MENU

ブログBLOG

アライナー矯正(マウスピース矯正)始めました!

こんにちは。松阪市の歯医者、林歯科医院のスタッフ乾です!
今回は矯正治療についてお話ししたいと思います!

 

私自身、上顎の前歯2本がズレていることを気にしていて、そこで副院長先生に相談させて頂いて矯正を始めることになりました!色んな種類の矯正がある中でマウスピース矯正をすることになりました。
マウスピース矯正とは1人ひとりに合ったオーダーメイドのマウスピースを、歯並びの改善の段階に合わせてつけ替えることで、歯を少しずつ移動させていく方法です。
治療完了までに使用するアライナーの数は、患者さんの歯並びの状態によって異なります。

 

マウスピース矯正のメリットとデメリット

“メリット”
・取り外しができること
装置を外した状態でお食事が出来ます。ワイヤー矯正のように食べ物が装置に付着したり、挟まったりする心配もないです。短い時間であれば取り外しておけます。

・衛生的なこと
毎回取り外して歯磨きできるため、衛生的です。
フロスや歯間ブラシを歯と歯の間に通せます。

・不快感がないこと
マウスピース矯正装置は薄いので、お口の中を傷つけることや装着時の違和感が少なくすみます。慣れてくると発音が妨げられることもあまりありません。

・装置が目立たないこと
アライナーは、歯を動かすための透明なポリウレタン製なので、装着していても見た目にはほとんどわかりません。今はコロナ禍でマスクをしていますが、人前でお話する機会が多い人も安心してつけられます。

 

“デメリット”
・紛失しないように気をつけないといけません
アライナーをしないまま長期間放置してしまうと、歯が後戻りを起こしアライナーが合わなくなってしまいます。

・気軽に飲食ができないこと
アライナーをつけている時、基本的には飲食が出来ません。お食事をする時はアライナーを外し、再び装着する際は、歯磨きをしてアライナーを洗ってからになります。
熱いお飲み物はアライナーの変形につながるので、必ず外します。
また、冷たいコーヒーなど飲み物をアライナー装着したまま飲んでしまうと、歯やアライナーが着色する原因になってしまいます。
さらに、スポーツドリンクやジュースなどは、歯とアライナーの隙間に入り込み、むし歯のリスクを増大させます。

実際つけてみて、思っていたより違和感がなく目立たないです!つけ始めた日は違和感があり痛みも少しありましたが、2.3日目からは痛みも和らいで違和感もほぼ無くなってきました。ちょこちょこ食べることもなくなるのでそこもメリットかなと思います。

林歯科医院では、マウスピース矯正や通常のワイヤー矯正、インビサラインや小児の矯正や成人矯正、歯周病患者様の矯正などいろいろな矯正を行っています。
経験豊富な副院長先生がその人の状況に合わせて最適な方法を提案させていただきます。

無料矯正相談やセカンドオピニオンも行っています。

少しでも気になればお気軽にご相談ください。

0598-42-7272

三重県松阪市嬉野須賀領町507-1

医療法人尚志会 林歯科医院

 

ページの先頭へ戻る