MENU

歯の豆知識TRIVIA

もし、歯を失ってしまったら…?

 

みなさん、もし歯を失った場合どのような処置があるかご存じでしょうか?

大きく分けてブリッジ・部分入れ歯・インプラントの3つがあります。

それぞれメリット・デメリットがあるので、簡単にご紹介させて頂きたいと思います。

 

まずブリッジと部分入れ歯のこの2つは保険が適応されるので安価になります。また治療期間もインプラントに比べて短いです。

費用も抑えられて、早く終わるならこのどちらかが良いのでは…?と思われるかもしれませんが、残った歯に対しての負担を考えてみましょう。

ブリッジは失った歯の両隣の歯を削って被せられるように形を整えます。たとえ虫歯になっていない健康な歯だとしてもです。一度削った歯は元に戻せません。もし、次に虫歯になってまた削るとなると神経を取る、または抜歯の可能性も出てきます。

元々、あった歯の負担してた分を両隣の残った歯で咬む力などを負担することにもなりますので、過剰な力がかかりヒビ・破折につながってしまうなど考えられます。破折してしまった場合は多くの場合、抜歯になります。そうすると、ブリッジの長さが長くなり、両端の負担がより大きくなり、どんどん歯を失うリスクが高くなっていきます。

部分入れ歯は取り外す物になります。この取り外しの際、金具のかかっている歯に負担がかかっています。ビール瓶の栓抜きのようなイメージです。また違和感が強かったり、取り外しが面倒であったりします。

一方、インプラントは一本歯が元あった形になるので、両隣への負担がありません。抜歯の反対と考えて頂けるとわかりやすいでしょうか。痛みに関しても抜歯と同じくらいと言われています。しっかりと咬むことができ、食事も違和感なくできます。圧倒的にブリッジに比べて長持ちします。

ただ、虫歯にはなりませんが歯周病にはなります。歯周病は自覚症状(痛みなど)がないのでメンテナンスが大切です。また、治療期間も半年から1年ほどであったり、保険が適応でないので高額になってしまったりという点もあります。

 

それぞれ特徴があり、この3つのうち、どれかが出来ないということも中にはあります。それは一度、診察・診断をしないと分からないです。みなさんにもそれぞれ考えやご予算などあると思いますが、もし歯を失ってしまった際には以上の点を参考にして頂けたらと思います。

2020年7月
6月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 
ページの先頭へ戻る