MENU

予防歯科の豆知識TRIVIA

マスクの中の呼吸法について

こんにちは、林歯科医院勤務医の鈴木隆太郎です。

 

コロナウイルスの影響が世界中を席巻し、日本においても、マスクをしてソーシャルディスタンスをとる、新しい生活様式が当たり前になってきました。今日はそんなマスクと呼吸に関するお話をしたいと思います。

 

日頃から皆様もマスクをしていらっしゃると思いますが、そのマスクの中...鼻で呼吸してますか?口で呼吸してますか?

正解はもちろん、鼻呼吸です。慣れてないマスクをすると呼吸がしづらいことにより、無意識に口呼吸になってしまう方が多いといわれますが、実はこれが大変危険なことなのです。

鼻というものはそもそも、鼻毛や線毛でウイルスが入りづらくするだけでなく、加湿もすることによりウイルスが生存しにくい状況を作り出している、超高機能フィルターなのです!

しかし、せっかくそんな素晴らしいフィルターがあるのにも関わらず、口呼吸の方はそれを全く使用していない事になります。

それに対して口は、ベロの表面のざらつきなど、ウイルスが停滞しやすい環境となっており、更に口呼吸の方は口腔乾燥も併発していることが多いので、唾液によるコーティングもなく、大変にウイルス感染が起こりやすい状況と言えるでしょう。

 

中国の論文の中には、コロナウイルス感染者の46%にドライマウス(口腔乾燥)を認めたというものもあります。いわば、天然のマスクである鼻でしっかり呼吸することが、お口の健康と体の健康を維持していく上で、必要不可欠になってきます。もちろん、口腔内の細菌が多いと免疫力が低下して、ウイルスに感染しやすいということで、口腔ケアが大変重要なことは、もはや言うまでもありません。

 

正しいご自宅での口腔ケアと、歯科医院での定期的な専門的口腔ケアを受けて細菌量を下げる。そして、鼻呼吸を日頃からしっかり意識して、体へのウイルスの進入を防ぐ。

これが今後の健康維持のための新常識ではないでしょうか。

皆様も是非意識して実践してみてください。

 

林歯科医院では専門的口腔ケアに特化した衛生士と歯科医師が皆様をお待ちしております。

なにかお困りごとがございましたら、お気軽にご連絡ください。

2020年7月
6月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 
ページの先頭へ戻る