林歯科医院衛生管理

衛生管理を徹底して行っています!

医療の現場では、B型肝炎、HIVなどウィルスへの院内感染、予防対策が欠かせません。当院では、徹底した衛生管理を実施するために歯科医院では珍しい「滅菌消毒専任スタッフ」が常駐しています。また院内感染予防マニュアルを徹底し、国が定める以上のハイレベルな衛生管理を実践しています。

当院ではすべての器具を滅菌消毒しています。

最新滅菌機器の導入により、一般の治療器具、OPE器具のみならず、従来滅菌の難しかったタービン(歯を削る機械)やバー(歯を削る器具の先に取り付けるもの)も患者様ごとに滅菌しておりますので、感染の心配はありません。

更に、滅菌専任のスタッフも常勤しておりますので、徹底した治療器具の滅菌を行うことが出来ます。

基本セットはもちろん、一つ一つの器具を滅菌パックに入れて滅菌しており、可能な限り使い捨て製品を使用しております。また、グローブを洗って使いまわしている歯科医院もありますが、林歯科医院では患者様ごとに新しい物に交換しております。清潔なグローブで、清潔な院内環境を保っております。

 

当院では全ての水道にオゾン水を使用し、院内全ての治療チェアの給水管内も全てオゾン水によって除菌しております。

オゾン水とは、オゾンを溶け込ませた水の事です。強い酸化力を持ったオゾンが溶け込んでいる為、オゾン水も同様に強い酸化力があり、ほとんどの菌体(例えば大腸菌やインフルエンザウイルス、ノロウイルスなど)を殺菌できます。

また、ph値は6~7と中性で、除菌後は水と酸素に自然に分解するので安心して使用できます。

患者様を院内感染のリスクから守り、治療に使用した器具はもちろん、治療チェアの給水も患者様の健康の為に、「オゾン」により高レベルのクリーン環境を整備しています。

参考:http://xn--kckxbyjs74u.net/

オゾン水と他の殺菌水や薬剤との比較表

(オゾンメーカー様に頂いた資料より抜粋)

○…適している △…やや適している ×…適していない

徹底した衛生管理を行っておりますので、ご安心してご来院くださいませ。

院内感染予防の取り組みの一部

滅菌専任スタッフ

・滅菌、消毒専任スタッフ常駐

・器具を個別パックで滅菌

・専用滅菌器で完全滅菌、消毒

・院内感染予防研修の実施

・患者様ごとにドリルの滅菌、洗浄

・患者様ごとに手袋の交換
 (ドクター、アシスタント共に)

・可能な限り使い捨て製品を使用

院内感染予防機器紹介

酸化電位水生成器

1.酸化電位水生成器

酸化電位水は、水道水に微量の食塩を添加後、電気分解すると出来ます。この強い酸性を示す水の消毒作用が現在注目され、医療分野を始め、様々な領域で活用されています。
酸化電位水は、これまで一般に使われている消毒薬と比較して、生体親和性にすぐれており毒性や刺激性がほとんどありません。

ホルホープデンタル(ガス滅菌器)

2.ホルホープデンタル(ガス滅菌器)

常温・常圧で器具や器材を傷めることなく、スピーディーな殺菌処理を実現したホルマリンガス殺菌器です。約25~30℃の常温・常圧で殺菌を行うため、オートクレーブを使用できない器具器材に使用できます。特に熱に弱いプラスチック類や精密機器の滅菌に適しています。
また、内部が閉鎖構造になっており、独自の中和・消臭機構により消毒した機材にはホルマリンが残らないので使用する際には人体への害もありません

小型包装品用高圧蒸気滅菌器

3.小型包装品用高圧蒸気滅菌器

歯を切削するタービン、エンジンの先(ハンドピース)を短時間で滅菌することで多くの医院でアルコールで拭くだけの消毒しかしないハンドピースも患者様毎に滅菌できます。滅菌と消毒・殺菌の違いは、「滅菌はすべての微生物を殺すが、消毒や殺菌はある特定の範囲の微生物だけを選択的に殺す」という意味です。

高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)

4.高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)

密封された装置内で、熱に安定な被滅菌物を対象にして適当な温度および圧力の飽和水蒸気で加熱することによって微生物を殺滅する方法で、耐熱性の芽胞形成菌を含め、すべての微生物を比較的短時間で確実に殺滅することができる点です。

ハンドピース自動洗浄注油装置

5.ハンドピース自動洗浄注油装置

ハンドピースを確実に自動洗浄・注油する機械です。

超音波洗浄機

6.超音波洗浄機

メガネをかけている人は、メガネ屋さんのカウンターや店頭で見たことがあるかもしれませんが、超音波洗浄器の特徴は、小さなブラシなどでも届かない微細な部分に付着した汚れを取り除く事です。滅菌作業の前に用いています。

機械洗浄機

7.機械洗浄機

治療に用いたインスツルメントの洗浄は以下の理由の為、当院では機械洗浄を滅菌作業の前に行っています。
①手洗いと異なり、常に一定した洗浄 効果が得られます。
②手洗いに比べて器具の先端などでケガをするおそれが低く、スタッフの感染のリスクを減らせます。