MENU

インプラントMEDICAL

天然歯とほぼ変わらない
見た目と噛み心地
上部構造(人工歯)、アバットメント(土台)、インプラント(人口歯根)
インプラントとは、歯が無くなった顎の骨に、
人工の歯根(インプラント材)のボルトを埋め込んで、
新しい土台を作り、
その上に人工の歯をつけるという、新しい歯科治療方法です。
インプラント材には、骨との親和性の良いチタン合金などが使われています。

インプラント治療とは

インプラントで自分の歯のように

インプラントで自分の歯のように
インプラントは噛む力や耐久性が天然の歯に近く、日々の歯磨きを通常よりていねいにするだけで、自然の歯と同じように使え、”第二の永久歯”といわれています。

何かのアクシデントで、歯を無くされた方

入歯に抵抗感のある方

ブリッジで健康な歯を削るのはと思われる方

インプラントという新しい治療法があることを、治療のメニューに追加してみてください。

入れ歯やブリッジのデメリットを補う治療法

入れ歯やブリッジのデメリットを補う治療法
失った歯を補う治療法として、これまでブリッジや入れ歯などが利用されてきました。しかし、これらの方法は、残っている歯を削らなければならなかったり、入れ歯が安定せず心理的ストレスを招くなどの欠点があります。これに対し、インプラントは人工の根をあごの歯に埋め込み、天然の歯と同様に歯を再建するという治療法です。このため、残っている歯を削ることなく、ガタつきや違和感を感じない自然な噛み心地が取り戻せるのです。

正確な診断と安全・安心の
インプラントシステム

日本口腔インプラント学会 インプラント専門医

インプラント専門医による安心治療
当院では、インプラント治療の専門資格をもつ院長が、確かな技術と経験を活かした納得のインプラント治療をご提供いたします。
また、安全なインプラント治療を行うために最新のCT装置や手術室を準備して治療にあたっていますのでご安心ください。

当院で扱う
インプラントシステム

  • ストローマンインプラント
    ストローマン
    インプラント
    世界70カ国以上で展開されているほど信頼性が高く、スイスの優れた臨床研究と精密技術をルーツとしています。生体力学的安定性を考慮し、純チタンという骨との親和性の高い材料の選定から、耐久性と安全面にも優れます。
  • Zimmerインプラント
    Zimmer
    インプラント
    アメリカの代表的なインプラントメーカーの一つです。その中でもScrew-Ventというパーツ間の緩みを低減する特徴を持つインプラントシステムを採用しています。緩みを抑えることにより骨レベル維持のための良好な状態をつくります。
  • オステムインプラント
    オステム
    インプラント
    韓国で開発されたオステムインプラントは、アジア人の骨格に合わせて開発されているのが特徴です。品質マネジメントの国際規格であるISO9001の認証を受けており、製品の安全性と優秀な品質を世界的に認められています。
院長は日本臨床歯周病学会の
指導医に
認定されているなど
多数資格を持っております。

インプラント治療の主な流れ

1
治療開始
インプラント治療にご関心のある方、必要のある方へ治療相談を行っています。症状や悩みなどをお聞かせ頂き、当院で行っているインプラント治療について説明を行います。
治療開始
*
2
検査診断
検査・診断を行い、治療計画を作成します。
  • 精密検査

    全身の健康状態と顎の状態を詳しく把握するために行います。
    (問診・レントゲン・CT撮影・口腔内検査・口腔内写真撮影・検査用の模型を作るために歯の型取り)

  • 適性診断

    検査結果をもとに診断を行い、治療方法や治療期間などを決定します。
    同意して頂いた上で治療を開始します。

検査診断
*
3
治療開始の準備
  • 事前処置

    虫歯や歯周病などがある場合は、治療を済ませておきます。

  • 清掃・セルフケア指導

    歯のクリーニングやブラッシングの指導を受け、治療に備えます。

治療開始の準備
*
4
手術
  • 1次手術

    骨に人工歯根(インプラント)を埋め込む手術を行います。
    手術翌日に消毒を行い、1週間後に抜糸を行います。
    インプラントと骨が結合するのを待ちます。通常3ヶ月~6ヶ月ほど。

  • 2次手術

    土台を取り付ける手術を行います。
    手術後、土台に仮の歯を装着します。2週間ほど様子をみます。

1次手術 2次手術
術前・術後の注意
  • 術前

    手術前は十分な睡眠をとってください。

    締め付けない楽な服装でご来院ください。

    朝食(昼食)は普段通りお召し上がりください。絶食する必要はありません。

  • 当日

    術前、お手洗いに行っておいてください。手術の最中はいけません。

    体調を整えておいてください。体調が悪い時は、当日でも構いませんので、ご連絡下さい。

  • 術後

    術後、腫れ・痛みを伴うことがあります。

    強いうがいは避けてください。

    1週間くらいは大きな行事を入れないでください。

    手術部位に触れたり、舌で触ったり、圧をかけるようなことはしないでください。

    手術部位の歯ブラシは指示があるまでしないでください。手術部位以外の歯ブラシは通常通り行ってください。

    薬は指示どおりに服用してください。

    手術当日は安静にしてください。

    長い入浴・飲酒・運動は避けてください。

*
5
かぶせ物作成・装着
型取りを行い、かぶせ物を製作します。
かぶせものを装着したら、一旦治療は終了です。
かぶせ物作成・装着
*
6
メインテナンス
インプラントは、入れ歯やブリッジよりも長年に渡って使い続けることができますが、歯や骨の状態、かみ合わせや全身の健康状態などのバランスが崩れてしまうと、長持ちさせることはできません、インプラントを口の中で良好な状態に保つためには、治療後のメインテナンスが大切です。
メインテナンス

メインテナンスの重要性

インプラントは定期的なメインテナンスが必要です

インプラントは定期的なメインテナンスが必要です
インプラントはチタンなどの金属でできているので虫歯にはなりません。
しかし、磨き残しによって付着した細菌がインプラント周囲の組織に悪影響を及ぼし、インプラント周囲炎(歯周病)を引き起こすことでインプラントが使えなくなってしまうことがあります。
インプラント周囲の組織の変化は自分では気がつきにくく、異常に気づいた時にはかなり進行した状態で手遅れになってしまう場合もあります。このような症状を早期発見・早期治療することが定期メインテナンスの大きな目的のひとつです。

長持ちさせるには正しいブラッシングが大切です

長持ちさせるには正しいブラッシングが大切です
「磨いている」と「磨けている」とでは違います。毎日磨いているつもりでも、それが自己流になってしまっていて磨けていない部分がある場合があります。
インプラントのケア方法は、天然の歯と同じく毎日の歯磨きが基本です。ただインプラントは天然の歯と構造が違います。正しいブラッシングをきちんと行うことが大切です。また、歯ブラシだけでは、歯と歯の隙間の汚れを落とすのは難しいのでインタースペースブラシや歯間ブラシ、デンタルフロスを使用しましょう。

定期メインテナンスで
行うこと

  • インプラント本体と
    周囲の検査
  • かみ合わせの検査
  • 磨き残しのチェック
  • ご家庭での
    ブラッシングの指導
  • 歯石の除去
  • PMTC…など

気になることがありましたら、
何でも気軽にご相談ください!

インプラント無料相談

  • 治療は大変なの?
  • 手術は痛いの?
  • 手術後は腫れる?
  • どのくらいもつの?
  • 費用はどのくらい?

インプラント治療をしたくてもこのように、不安に思っている方も多いと思います。
そんな患者様の不安を取り除くために、
林歯科医院では、インプラントの無料相談を行っています。
日本口腔インプラント学会「専門医」、アメリカインプラント学会「専門医」
インプラント治療経験豊富な院長がお答えいたします。

ページの先頭へ戻る