MENU

ブログBLOG

林歯科医院の新型コロナウイルス感染予防対策の取り組み

〈チェアーにおける感染対策〉

 

1.  常時窓を開けての換気、換気扇の常時稼働、サーキュレーターの使用

院内の空気循環ため、窓の常時開放だけでなく換気扇やサーキュレーターを使用し、常に清潔な空気環境を保てるよう努めています。

 

2.  各チェアーの口腔外バキューム

各チェアーに口腔外バキュームを設置し、治療で発生する粉塵、水や唾液を吸引するだけでなく空気中のウイルスも吸引することができ感染予防に役立つとされています。

 

3.  オゾン発生器

オゾンはインフルエンザをはじめとした感染予防の有効性が実証されています。安心して治療をお受け頂くために、換気に加えてオゾン発生器を使用し院内空間をクリーンに保っています。

 

4.  患者様へ治療前のうがいのお願い

スタッフや患者様を感染症から守るため、ガラガラうがいとグチュグチュうがいを治療前にお願いしております。ご協力のほどお願い申し上げます。

 

5.  患者様へのコンサル時、説明の時のマスク着用のお願い

スタッフのマスク着用はもちろんのこと、患者様に対しても治療中お待ちいただく際は、マスクの着用をお願いしております。

また、ドクターやスタッフからの説明の際も患者様にマスクの着用をお願いしております。

 

6.  スタッフのマスク使用の他、フェイスシールドの使用

治療にあたるスタッフ・ドクターはマスクに合わせて、フェイスシールドやゴーグルを使用して感染予防対策を徹底しています。

 

 

7.  診療毎のチェアー、操作パネルの次亜塩素酸による清拭

患者様ごとに、毎回の診療後チェアー、操作パネル等を清拭しております。

 

 

8.  患者様毎のゴム手袋・紙コップの使い捨て

ドクター・スタッフは患者様1人1人、ゴム手袋の使い分けを徹底しており、1日に大量の手袋を消費しています。

他の患者様に使った手袋は使用しません。また、紙コップも使い捨てで、患者様毎に交換いたしております。

  

 

9.  患者様ごとに医療器具のオゾン水洗浄や超音波洗浄、滅菌消毒処理

歯を削る機械など口腔内に使用するすべては、患者様毎に超音波洗浄や専用滅菌機を用いて滅菌消毒をしていますので、

ご安心頂けます。

 

 

10.医療器具の個別パック包装

滅菌消毒された診療器具は個別包装し、患者様の口腔内へ入る直前まで空気に触れることなく管理しておりますので安心して

治療を受けて頂くことができます。

 

 

〈受付での感染対策〉

 

1.  患者様への検温、問診票の記入

ご来院時、患者様だけでなくお連れ様にも検温を行っています。また、感染防止のための問診票のご記入も来院の際お願いしております。毎回のご記入にはなりますがご協力よろしくお願いします。

ご来院当日であっても、体温が高い場合や風邪の症状がある場合は、ご予約を変更していただく場合がございます。ご理解の程、宜しくお願いいたします。

                   

 

2.  患者様のアルコール消毒

受付入口にアルコール消毒を設置しています。手指消毒に是非ご利用ください。

 

3.  間隔をとった待合席

席数に数がございますが、お隣を空けてお座りいただきますようお願いします。

 

4.  受付カウンターの飛沫ガード

感染防止のため飛沫ガードを設置しています。声が聞きにくい場合がございますが、ご容赦の程宜しくお願いいたします。

 

5.  ボールペン・バインダー等の患者様ごとの消毒

受付でお使いのボールペンや、バインダー等は毎回次亜塩素酸ナトリウムによる清拭をしておりますのでご安心して

お使いいただけます。

  

 

6.  待合室のサーキュレーター、オゾン発生器

待合室にも空気循環のためサーキュレーターを設置しております。さらにオゾン発生器も設置し清潔な空気環境を

作り出しています。

 

 

7.  待合室の雑誌の撤去

接触による感染を防ぐため、当面の間雑誌等は撤去しております。

 

8.  ドア・手すりの次亜塩素酸ナトリウム消毒

共用部分はクリーンスタッフによる定期的な消毒を行っております。

 

〈スタッフの感染対策〉

 

1.   スタッフの出勤時の検温

1日2回体温を測定し記録をしています。たとえ熱がなくても少しでも風邪等の体調に変化がある場合は出勤しません。

 

2.   休憩時間分けた密回避

昼休憩での感染リスクを減らすために昼休憩を2部制にして、会話をするときは必ずマスク着用等、感染予防を徹底しています。

 

ページの先頭へ戻る