MENU

歯の豆知識TRIVIA

もし、歯を失ってしまったら…?

  みなさん、もし歯を失った場合どのような処置があるかご存じでしょうか? 大きく分けてブリッジ・部分入れ歯・インプラントの3つがあります。 それぞれメリット・デメリットがあるので、簡単にご紹介させて頂きたいと思...続きを読む

歯茎の病気でオペ?

FOP[フラップ手術]、歯肉剥離搔爬術は、歯周病に対する外科療法です。 歯医者でオペ?と思われる方もいるかもしれませんが、そう珍しくもないです。 歯周病が重度になってしまうとオペをしないと改善されないことがあります。 歯...続きを読む

歯の数の異常

歯の本数の異常についてお話ししたいと思います。 歯の欠損に先天性欠如と言われるものがあります。 正常な永久歯の数は親知らずを除くと合計28本です。なぜ親知らずを除くかというと、欠損したり、生えてくる方向が悪かったり、歯と...続きを読む

正しい姿勢で美味しく食事を

食事をする時の姿勢に気をつけていますか? 正しい姿勢で食事をすることは、マナー以外に健康面でも大きな影響を及ぼします。なかでも、高齢者はきちんとした食事姿勢をとることえ、食欲の増進や誤嚥予防の効果も期待できます。...続きを読む

歯周病について

日本時の歯を失う原因は、 1位 歯周病 2位 虫歯 3位 破折 です。 歯周病は細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患で、歯の周りの組織の崩壊を伴った慢性炎症です。 歯茎の溝の掃除が行き届かないでいると、そこに多くの...続きを読む

永久歯が生えてこない

乳歯が抜けたのに、永久歯がなかなか生えてこない。   まずは歯医者さんでレントゲン写真を撮ってもらってください。そこで永久歯があるのか、ないのかを確認してもらってください。 最近は、永久歯の数が少ないお子さまが...続きを読む

妊娠中の患者様へ

妊娠中の患者様、新しい命を授かり、自らの体内に宿す幸福を心からお祝いいたします。たのしみですね その反面、歯科治療については胎児への影響をとても心配されていることと思います。そんな不安や疑問を少しでも解消してもらえればと...続きを読む

赤ちゃんの口腔内について

アメリカ・ニューヨーク大学歯学部の研究で、お母さんに虫歯があり帝王切開で生まれた赤ちゃんは経膣分娩で生まれた赤ちゃんより虫歯になりやすく注意が必要であることがわかったそうです。(2005年) (調査はアメリカ・アラバマ州...続きを読む

食中毒の原因や症状

みなさま暑い日が続いていますが、体調は崩されていないでしょうか? 暑い日々と言いますと、食中毒も梅雨から夏に増えます。この時期は高温多湿な状態が続き、細菌がもたらす食中毒が多く発生します。 食中毒の原因や症状についてお話...続きを読む

乳歯について

乳歯は下10本、上10本の計20本生えてきます。 生え始めは生後6ヶ月ごろで、2〜3歳には全部生えそろいます。 乳歯は永久歯にくらべて虫歯の進行が早く、虫歯が原因で次に生えてくる永久歯に影響が出ることがあります。 虫歯か...続きを読む

2020年6月
5月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930 
ページの先頭へ戻る